せんだいメディアテーク

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

アーカイブ開館まで|分野=メディアテーク総合(~H6.8→H7.6)/時期・意見分類順一覧

分野=メディアテーク総合(~H6.8→H7.6)/時期・意見分類順一覧

分野=メディアテーク総合(~H6.8→H7.6)/時期・意見分類順一覧

No時期意見分類寄せられた意見事務局から
1 ~H6.8(前) 1.計画推進 ・広く市民の声を反映させるために,市民参加の委員会を作り,準備室とともに意見を交換しながら計画を進めてほしい。 実質的に市民、専門家、行政がネットワークしながら計画を進める
2 ~H6.8(前) 1.計画推進 ・運営面も重要であり,職員の育成にも力を入れる。 努力する
4 ~H6.8(前) 2.運営 ・市民による運営グループと職員の連携を。 実質的に市民、専門家、行政がネットワークして運営されると考える
5 ~H6.8(前) 2.運営 ・仕事や買物帰りの人達のためにも,開館時間を長くしたり閉館日を柔軟に。<多数> 1Fは夜10時まで開放し、他の階も努力する
8 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・文化に対する市民の意識を高めるよう,仙台の文化のセンター的機能を持つような施設となってほしい。 ぜひそうしたい
9 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・視聴覚障害者とボランティアのための専門図書,情報誌を置く。 了解
10 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・欧米ではミュージアムショップに人気があり,芸術性の高いものやオリジナルグッズなどを置いている。ショップ自体がアートになるような魅力的なものがほしい。 それに加えてメディアテークならではの機能を付加したい
11 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・ボランティアの養成,派遣体制の整備。研修,活動の場の提供。 他機関とも連携して実施
12 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・人的交流や情報交流の拠点となるような,憩いの場となってほしい。 了解
13 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・人的交流の場とする 了解
14 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・定禅寺通りとの一体的な整備をすすめ、周辺ビルの協力をえて定禅寺全体を使った展示をする。 今後、市民や関係機関との調整が必要
15 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・社会人,教師,学生,子どもなどが共同学習,研修を行うことにより,生涯学習としてのベースを築く。 ワークショップ活動,ボランティア活動を充実する
16 ~H6.8(前) 3.事業活動 ・メディアを通しての学習は今後増大していくため,生涯学習の中心的役割を果たす施設となるよう考えてほしい。 了解
30 ~H6.8(前) 4.施設 ・定禅寺通りは夜間は暗いので,ライトアップする。 了解
31 ~H6.8(前) 4.施設 ・駐車場は最小限に抑え,通りを散策するような形にする。 駐車場は地下とする
32 ~H6.8(前) 4.施設 ・駐車場,駐輪場を設け,特に障害者を優先的に配慮すること。 了解
33 ~H6.8(前) 4.施設 ・地下2~3階位の所まで駐車場のスペースがほしい。 地下1Fで対応
34 ~H6.8(前) 4.施設 ・駐輪場は,そのものが,並べることによってオブジェになるような楽しい設計を。 今後検討する
35 ~H6.8(前) 4.施設 ・建物周辺の点字ブロックの敷設,館内の誘導システムの設置。 ブロックの他、誘導のための情報システムを考える
36 ~H6.8(前) 4.施設 ・難聴者のための磁気ループの設置。 今後検討する
37 ~H6.8(前) 4.施設 ・定禅寺通りの景観とマッチし 建物そのものが1つの作品となるように
38 ~H6.8(前) 4.施設 ・レセプションスペースが欲しい。 会議室で対応
39 ~H6.8(前) 4.施設 ・歩道と一体になったような開放的なレストランがほしい。 1Fに開かれたカフェ
40 ~H6.8(前) 4.施設 ・50~100人の会食が可能なようにする。大型観光バスで来る人の食事に配慮する。 会議室で一部対応可能
41 ~H6.8(前) 4.施設 ・四ツ谷用水をイメージした親水空間を設ける。 四ツ谷用水にはこだわらない
42 ~H6.8(前) 4.施設 ・都市のオープンスペースを設け、定禅寺通りなど周囲に開かれた建物とする。 了解
43 ~H6.8(前) 4.施設 ・定禅寺通りやギャラリーとの融合による,個性的な図書館に。 了解
44 ~H6.8(前) 4.施設 ・会議,研修スペースが欲しい。 了解
81 H7.06(後) 1.計画推進 ・できるだけ回数を多く計画の進み具合を公表し、市民の意見を聞く会を開いてほしい。 市民活動への積極的な提案をいただきたい
82 H7.06(後) 1.計画推進 ・配付された資料の説明文の横文字が多すぎる。日本語で、しかも一般市民にも分かりやすい文章で書いてほしい。 努力する
83 H7.06(後) 1.計画推進 ・わいわいトークでは、意見を聞く時間をもっと長くしてほしい。 了解
84 H7.06(後) 1.計画推進 ・施設全体についてのわいわいトークと同様に,4つの施設それぞれに市民参加のわいわいトークを開催してほしい。 了解
85 H7.06(後) 1.計画推進 ・メディアテークについて,知らない市民も多いと思うので,もっと広報したらいいと思う。 了解
86 H7.06(後) 1.計画推進 ・今回の催しは、市と市民の意識のずれを小さくするのに大変望ましい方法だと思う。今後も完成までこの様な会を計画されるとの事だが、従来にない画期的な試みと期待している。
87 H7.06(後) 1.計画推進 ・わいわいトークは素晴らしい企画で大変有意義だと思う。
88 H7.06(後) 1.計画推進 ・今までの公共施設の中では、より開かれたものの様で、市民の意見を取り入れようとしている所が良いと思う。
89 H7.06(後) 1.計画推進 ・伊東豊雄氏の、市民の思いを最大に具体化されようとの柔軟な人柄に感動した。
90 H7.06(後) 1.計画推進 ・市長はじめ教育長、伊東さんと市民が集まって自由に意見交換ができて大変有意義であったと思う。
91 H7.06(後) 1.計画推進 ・設置予定の各分野についての専門家と市民からなる準備室を設けてほしい。 努力する
92 H7.06(後) 1.計画推進 ・準備室を設け、各部門には専門的で人間性あふれる有能な人材を配置して欲しい。 努力する
93 H7.06(後) 1.計画推進 ・メディアテークは仮称とあるが、合成外国語の名称はやめて、美しい日本語の名前のビルにしてほしい。 今後検討する
94 H7.06(後) 2.運営 ・ソフト部門についてのわいわいトークも是非お願いしたい。 了解
95 H7.06(後) 2.運営 ・大阪のこうした施設は、一日に数百人の利用者で賑わっている。そんなメディアテークであってほしい。 努力する
96 H7.06(後) 2.運営 ・建物だけが世界に例を見ない素晴らしい箱なのではなく、デザイン、設計以上に中身の管理運営こそ世界にも例を見ないような素晴らしいものになってほしい。 努力する
97 H7.06(後) 2.運営 ・ギャラリーやワークショップ、サークル活動等の半年ごとの予定表を市民に知らせてほしい。(各戸に配付等) 情報提供は十分行いたい
98 H7.06(後) 2.運営 ・これまでの施設は、管理というバリアが厚いが、メディアテークはあらゆる面でバリアフリーであって欲しい。 市民と運営者が一体となる運営をめざす
99 H7.06(後) 2.運営 ・きめの細かい館内・館外サービスを行うための人材育成をしてほしい。 努力する
100 H7.06(後) 2.運営 ・施設の維持、管理、人件費、ソフト面での十分な予算の裏付けをお願いしたい。 市民の積極的な参加も必要
103 H7.06(後) 3.事業活動 ・「新しい光や風を呼吸する生命体のような存在」が印象に残った。「以前に比べてこんな新しいものが入っている」とか,「何度来ても興味が尽きない,まだ奥がありそう」などと感じる施設にしてほしい。 了解
104 H7.06(後) 3.事業活動 ・かねてより、生涯学習の拠点を切望していたので、提案のコンセプトは、ぴったり来るものがあり、大いに期待している。
105 H7.06(後) 3.事業活動 ・内容は理想的でよいと思うが、仙台らしさや強い方向性、に欠けるような気がする。 プレイベント等を通じて作り上げていきたい
106 H7.06(後) 3.事業活動 ・建物自体の芸術性が先行しているように思う。中に据えるもの、やる事が先進性のあるものなのか、目玉は何かといった企画がほしい。(マルチメディアなどの新しいテーマ) プレイベント等を通じて作り上げていきたい
107 H7.06(後) 3.事業活動 ・ハード面よりもソフトの方がより重要だと思う。その点に最新の知恵を活かして欲しい。<多数> 了解
108 H7.06(後) 3.事業活動 ・メディアテークを中心にして、地域の文化を開拓する様なサブセンターを作ってほしい。 地域の文化施設と連携する
109 H7.06(後) 3.事業活動 ・基礎的な施設、教材等の利用を経て市民が限りなく築き上げられる余裕の部分を多く残し、日々価値が増していく施設を目指してほしい。 市民活動の積み重ねがメディアテークを作り上げるものと考える
110 H7.06(後) 3.事業活動 ・幅広い構想は結構だが、いろいろの機能を入れすぎではないか。 各機能を融合させ21世紀にふさわしい新しい芸術文化拠点施設としたい
111 H7.06(後) 3.事業活動 ・年齢や職種に関係なく多くの市民の協力、連携が生まれるような企画を立ててほしい。 了解
112 H7.06(後) 3.事業活動 ・障害者を含めた全ての市民が展示、創作、鑑賞、情報の受発信、交流ができ、市民に安らぎと潤いを与えるような教養と憩いの場になってほしい。 了解
113 H7.06(後) 3.事業活動 ・コンピューター(メディア)&コミュニケーション(人)を取り入れて、広く社会に開かれた空間を 了解
114 H7.06(後) 3.事業活動 ・市民の感性を磨く魅力的なメディアテークであれば、利用者でいつも賑わい、ここから新しい情報も発信されると思う。 努力する
120 H7.06(後) 4.施設 ・「仙台らしさ」、「都市文化を築くために」あらゆる分野の方々の意見を取り入れたように思い,開館が非常に楽しみである。
121 H7.06(後) 4.施設 ・21世紀型の市民のための芸術文化施設ができることに喜びを感じ、ここまで企画されてきた仙台市を初め多くの有識者に敬意を表したい。
122 H7.06(後) 4.施設 ・外観も、今の仙台にないくらい素敵だと思う。
123 H7.06(後) 4.施設 ・4つの機能を集中し、コンパクトにまとまっていると感じた。
124 H7.06(後) 4.施設 ・メディアテークは夢があって、建物も杜の都の雰囲気に合っていると思う。
125 H7.06(後) 4.施設 ・公開コンペで全国から注目された建物のデザインは21世紀に通用するような外観が素晴らしいと思う。
126 H7.06(後) 4.施設 ・車がない人でも、様々な刺激が一箇所で経験できそうで楽しみである。
127 H7.06(後) 4.施設 ・けやき並木に合致した建物で、「仙台らしさ」が出ていると思う。
128 H7.06(後) 4.施設 ・各フロアが開放的なのが良いと思う。
129 H7.06(後) 4.施設 ・市民が誇れる新しい仙台の自慢できる場所になればと思う。 市民や専門家の参加が不可欠
130 H7.06(後) 4.施設 ・メディア毎にフロアが開放され,多角的に機能させる設計内容である点が良い。
131 H7.06(後) 4.施設 ・外壁、ガラスなどは鳥類の習性に配慮してほしい。 検討する
132 H7.06(後) 4.施設 ・阪神大震災規模の地震に耐える設計にしてほしい。 了解
133 H7.06(後) 4.施設 ・超ユニークな設計に対する新建材の安全性、利便性、耐用性等、心配な面もある。 十分検討する
134 H7.06(後) 4.施設 ・地下水利用というより雨水利用を第1に考えてほしい。 環境にはさまざまな観点から配慮している
135 H7.06(後) 4.施設 ・エスカレーター・通路・トイレ等が車椅子やベビーカーで使える様にしてほしい。(幅を広く・段差を少なく等) 了解
136 H7.06(後) 4.施設 ・子供向けのフロアや、託児機能もあると利用が活性化する。 親子室機能と組み合わせて考えたい
137 H7.06(後) 4.施設 ・定禅寺通の地下も駐車場とし、一体化して使える様にして欲しい。 現時点で計画はないが、将来的にそういう構想が生まれたら連携したい。
138 H7.06(後) 4.施設 ・駐車場は全て地下に設け、地下で増設できるように、地上は建物敷地以外は公園にしてほしい。 増設はむずかしい
139 H7.06(後) 4.施設 ・駐車場、駐輪場は十分に作ってほしい。 70台程度
140 H7.06(後) 4.施設 ・細切れの雑居スペースの複合施設にならないようにしてほしい。 了解
141 H7.06(後) 4.施設 ・全国一の芸術文化施設として、利用しやすいものとなることを願っている。 努力する
142 H7.06(後) 4.施設 ・総合案内が1階にないので利用者は不便ではないか。 総合案内は1Fにも設置する
143 H7.06(後) 4.施設 ・生涯学習ボランティアを支援する活動の場が用意されている点がユニークで期待される。
144 H7.06(後) 4.施設 ・市民の発表や発信、交流の場は仙台には少ないので,期待している。
145 H7.06(後) 4.施設 ・定禅寺通りの様々なイベントにあわせて建物全体を大きく使えるような建物としてほしい。 一体的な運営体制も必要
146 H7.06(後) 4.施設 ・市民に開放されたフロアを多くし、関係者や特定の人たちだけの場にならないように。 了解
147 H7.06(後) 4.施設 ・高齢者が利用できるよう、無料でお茶を飲んだり、お弁当を食べたり、囲碁将棋ができるスペースが欲しい。 高齢者利用の快適性に配慮したい
148 H7.06(後) 4.施設 ・市民の創造性を育てる無料のサークル活動室を開放して欲しい。 市民の創造と発信を支援する活動を行う