せんだいメディアテーク



2008/10/1
せんだいメディアテーク・メールニュース 110
2008.10.1

--------------------------------------------------------------
■0・・・インデックス
■1・・・ショートピース!仙台短篇映画祭、いよいよ開催です
■2・・・「新たな才能と映画をつくる」、その舞台裏を紹介
■3・・・5番チューブ再開発計画の第2弾は、扇風機が出現!?
■4・・・おやじが悩みをきいてくれる「おやじカフェ」開催
■5・・・文字の「かたち」を楽しむツアー「びっくりで書(Sho)」
■6・・・シニアのためのデジカメ活用講座に参加しませんか
■7・・・シニア向け最新のパソコンセキュリティ対策セミナー
■8・・・ギャラリーの予約受付を開始します
■9・・・映像音響ライブラリー10月の特集は「せんくら特集」
■10・・情報システム等の担当スタッフを募集します
■11・・<レポート>珈琲片手に、映画をめぐる贅沢なひととき
■12・・メディアテークひと言メモ16「貼り紙禁止」
--------------------------------------------------------------
■1・・・ショートピース!仙台短篇映画祭、いよいよ開催です
国内外の短篇映画を集めた映画祭。全11プログラムの上映のほか、多
彩なゲストを迎えたアフタートーク、ワークショップやリーディング、
宮城県内の映像制作・上映サークルによるブース展示など盛りだくさん
の企画で、皆さんのご来場をお待ちしています。
◎開催概要
10月10日(金)~10月13日(月)
当日券:一般1,000円 小学生以下800円 前売券:3回回数券2,500円
◎関連企画「映写機の秘密-16mm映写機を回そう」
現代でも根強い人気のあるフィルム上映。このワークショップでは映
画が映る仕組みを楽しく学びます。
10月11日(土)13:00-16:00 無料
はがき、FAXか電子メールに、連絡先と映写機操作の経験の有無、映
写機についての思い出、を記入して担当係まで。
http://www.shortpiece.com/
--------------------------------------------------------------
■2・・・「新たな才能と映画をつくる」、その舞台裏を紹介
ぴあフィルムフェスティバルによる若手映画作家のための製作支援、
「PFFスカラシップ」のプロデューサー、天野眞弓氏をお迎えします。
◎開催概要 「スタジオ・レクチャー vol.4」
10月26日(日)14:00-16:00 500円(飲みものつき)・定員30名
電子メールまたはfaxに、連絡先を記入の上、10月17日(必着)までに
担当担当係へ。応募多数は抽選。
http://prj.smt.jp/jhp/
--------------------------------------------------------------
■3・・・5番チューブ再開発計画の第2弾は、扇風機が出現!?
電化製品などを改造したサウンドオブジェクトによるパフォーマンス
や展示などで活躍する梅田哲也氏によるインスタレーションです。
◎開催概要 「ELECTRICAL BEHAVIOR 電気な振る舞い」
10月4日(土)~12月24日(水)10:00-17:00 無料
*11月29日からは19:00まで、12月12日からは21:00まで延長
http://www.smt.jp/tube5/active/index.html
--------------------------------------------------------------
■4・・・おやじが悩みをきいてくれる「おやじカフェ」開催
芸術や文化、街づくりに関する悩み、お持ちではありませんか?仙台
で活躍する3人のおやじがあなたの相談に乗ります。気軽にどうぞ。
◎開催概要 goban tube cafe 「おやじカフェ第1回」
11月9日(日)17:00-19:00 200円
マスター:尾崎行彦(美術・街づくり分野)
ゲスト:畠山敏(デザイン分野)、鎌田雅宏(建築分野)
はがき、faxまたは電子メールにて連絡先と相談したいことを記入の上、
10月30日(必着)までに担当係へ。
http://www.smt.jp/tube5cafe/
--------------------------------------------------------------
■5・・・文字の「かたち」を楽しむツアー「びっくりで書(Sho)」
ガイドボランティアによるツアー、書道字典からお気に入りの文字の形
を選んで自分の名前の一字を書くほか、活版印刷工房も見学します。
◎開催概要
10月18日(土)14:00-16:00 無料・定員6名(先着順)
faxまたは電子メールにて連絡先とイベント名を記入の上、担当係へ。
(10月6日10:00より受付開始)
http://www.smt.jp/guidetour/2008/
--------------------------------------------------------------
■6・・・シニアのためのデジカメ活用講座に参加しませんか
デジタルカメラの基本的な使いかたや、撮影した画像のパソコンへの
取り込み方法、画像の編集を学びます。
◎開催概要
10月20日(月)~21日(火)午前の部10:00-13:00 午後の部13:30-16:30
受講料2,000 円(教材費含)・定員各16名
対象は、市内にお住まいの 60歳以上のデジカメ初心者のかた。往復は
がきに連絡先と希望の時間を記入の上、10月5日 (必着) までに担当係
へ。応募多数は抽選。
--------------------------------------------------------------
■7・・・シニア向け最新のパソコンセキュリティ対策セミナー
安心してインターネット、電子メールを楽しめるよう、コンピュータ
ーウィルスや迷惑メールなどの対策を学びます。
◎開催概要
10月31(金)13:00-17:00 無料・150名(要事前申込)
パソコンをお持ちでインターネットを利用している55歳以上のかた。
往復はがきに連絡先を記入の上、10月15日(必着)までに担当係へ。応
募多数は抽選。
--------------------------------------------------------------
■8・・・ギャラリーの予約受付を開始します
10月1日(水)から10月31日(金)まで、平成21年度下期(小規模展)と平
成22年度上期(大規模展)のギャラリーの予約受付を行います。詳細は
担当係までお問い合わせください。
--------------------------------------------------------------
■9・・・映像音響ライブラリー10月の特集は「せんくら特集」
今月は、せんくら出演者の演奏が収められている資料を集めました。
また「アニバーサリーイヤーの作曲家」の中からプッチーニとサラサ
ーテ、リムスキー=コルサコフの作品も併せてご紹介します。
◎映像音響ライブラリー9月26日(金)~10月22日(水)
http://www.smt.jp/library/av/special/
--------------------------------------------------------------
■10・・・情報システム等の担当スタッフを募集します
メディアテークの情報システム管理運営及び施設の管理運営,芸術文
化事業の企画・活動支援業務を担当する職員の採用試験を実施します。
◎資格要件:<※今年度末取得見込みを含む>
・昭和50年4月2日以降に生まれた大学卒業以上の人
・初級システムアドミニストレーターの資格または同等以上の能力の
ある人
・芸術文化事業による社会貢献への意欲・基礎知識を持っている人
◎採用人数:1名
◎第一次試験:平成20年11月1日(土)
◎採用予定:平成21年1月1日(木)
◎応募締め切り: 平成20年10月8日(水)~22日(水)※郵送のみで受付
(当日消印有効)
◎試験案内や申込書のダウンロードなど,くわしくはこちらへどうぞ
http://www.bunka.city.sendai.jp/topics/index.html#saiyou
--------------------------------------------------------------
■11・・・<レポート>珈琲片手に、映画をめぐる贅沢なひととき
9月21日に開催されたスタジオ・レクチャーの様子をお伝えします。
http://www.smt.jp/diary/
--------------------------------------------------------------
■12・・・メディアテークひと言メモ16「貼り紙禁止」
メディアテークでイベントを行うときに、ポスターや案内などの貼り
紙を、好きな場所に好きなだけ張り出せないことで不便を感じたかた
は少なくないと思います。「有名な建築家の建物だから、へたなもの
を張り出すとクレームがくる」などという話も耳にしますが、これは
根も葉もない噂にすぎません。ましてや、張り出す内容に検閲が必要
なわけでもありません。ではなにが問題なのでしょう。
たくさんの情報の中から、自分に必要な情報にいち早くたどり着くた
めには、さまざまな情報が順序よく並んでいたり、分類されていたり、
あるいはあらかじめ選び出されている必要があります。たとえば本の
中には、題、目次、見出し、本文、脚注、索引などが、きちんとした
ルールのもとに整然と並んでいます。それと同じように、多くの人が
出入りする場所での案内表示は、一冊の本のように一貫したサイン計
画のもとに体系化されていることで、誰もが目的の機能をより効率的
に利用できるようになります。その意味で、館内のサインは、貼り紙
ひとつにいたるまで全体の情報体系の中できちんと制御する必要があ
るというわけです。
ただしメディアテークの中は若干事情が異なる面もあります。さまざ
まな機能が隔たりなく繋がり合う空間は、本と言うよりインターネッ
トの情報空間に近いものがあるのです。インターネットの世界では、
情報の体系化を軸とするサービスと、自由な検索を軸とするサービス
が併走してきましたが、現在は自由検索のほうが圧倒的に強くなって
います。メディアテークの中のサイン体系も、もしかするともっと自
由で新しい自律的な方法があるのかもしれません。そのことを常に考
えつつ、それを実用化できるまでは、従来のサイン体系は守り続けて
いかなければなりません。
http://www.smt.jp/diary/
--------------------------------------------------------------
○せんだいメディアテーク
980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
代表 tel 022-713-3171 fax 022-713-4482
イベントの申込み・お問合せ tel 713-4483 fax 713-4482
http://www.smt.jp/ office@smt.city.sendai.jp
--------------------------------------------------------------
smt-mailnews 110 2008.10.01
--------------------------------------------------------------

ページトップへ