せんだいメディアテーク



2008/12/1
せんだいメディアテーク・メールニュース 112
2008.12.1

--------------------------------------------------------------
■0・・・インデックス
■1・・・高嶺格、渾身の展覧会「大きな休息」開催中!
■2・・・バリアフリー上映『かもめ食堂』(荻上直子監督)
■3・・・メディアテークと尾形欣一のコラボレーション
■4・・・ボランティアによるガイドツアー2008「光の不思議」
■5・・・「地図」の奥深さと未来を知る
■6・・・今年最後の「わくわく映画館」
■7・・・映像音響ライブラリー 今月の特集は「カフェのある風景」
■8・・・>レポート<まちかどタイムトラベルが始動しました
■9・・・メディアテークひと言メモ18「記憶を共有する場」
--------------------------------------------------------------
■1・・・高嶺格、渾身の展覧会「大きな休息」開催中!
10月初旬から開始した仙台・卸町での滞在制作、展覧会場での連日の
設営作業を経て、スタッフとともにつくり上げた空間は必見。また、
12日からは昨年も大好評だった光のページェントを眼下に見渡せるカ
フェがホワイエにオープンします。なお、新作は目の不自由なかたの
アテンドによるツアー形式でのご案内となっていますので、時間に余
裕をもってご来場ください。
◎開催概要
11月29日(土)~12月24日(水)10:00-19:00 12月12日~21:00まで
一般800円 高大生500円 中学生以下無料 その他割引あり
◎関連企画「梅田哲也 サウンドパフォーマンス ガーデニング入門」
12月24日(水)19:00-20:00 事前申込不要・展覧会入場料が必要です
http://www.smt.jp/bigrest/
--------------------------------------------------------------
■2・・・バリアフリー上映『かもめ食堂』(荻上直子監督)
目の不自由なかたが楽しめる画面の動きを伝える音声解説、耳の不自
由な方が楽しめる、映画の音を字幕で表現した日本語字幕つき上映で
す。フィンランドの小さな食堂が舞台の、心温まる作品です。家族や
お友達、お誘いあわせのうえご来場ください。
◎開催概要
12月7日(日)11:00-、15:00-
入場料:500円(当日券のみ・開場後販売)
http://www.smt.jp/onseikaisetu/kamome/
--------------------------------------------------------------
■3・・・メディアテークと尾形欣一のコラボレーション
「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン版smtオープンカフェ光
のひろば」では、仙台・宮城にゆかりある文化人がお気に入りの仙台
を紹介する展示があるほか、ジャズフェスライブなどのステージイベン
トがあります。尾形欣一が手がける空間デザインもご期待ください。
◎開催概要
12月19日(金)~24日(水)12:00-20:00
http://www.smt.jp/opencafe/2008/december/
--------------------------------------------------------------
■4・・・ボランティアによるガイドツアー2008「光の不思議」
メディアテークの夜の表情をみる照明ツアー。各階の機能にあわせて
デザインされた照明器具をみてまわります。閉館後の図書館では、再
点灯したときの色の変化をみるほか、チューブの底にある照明も見に
行きます。
◎開催概要
12月13日(土)17:00-18:30 無料・定員10名
12月6日10:00以降に、電子メールまたはfaxに連絡先を記入の上、担
当係へ(先着順)。
http://www.smt.jp/guidetour/2008/
--------------------------------------------------------------
■5・・・「地図」の奥深さと未来を知る
いまや地図もインターネットで見る時代。メディアテークでも、過去
から現在の街並みを地図の上に映すせんだい時遊マップがあります。
そこで今回は、地図と情報技術を使ったさまざまな試みをおこなって
いる都市景観の専門家・石川初氏をゲストにお迎えします。
◎開催概要「スタジオ・レクチャーvol.6」
12月21日(日)14:00-16:00 500円(飲みものつき)・定員30名
電子メールまたはfaxに、連絡先を記入の上、12月11日(必着)までに
担当担当係へ。応募多数は抽選。
http://prj.smt.jp/~jhp/vol6/
--------------------------------------------------------------
■6・・・今年最後の「わくわく映画館」
「にほん」をテーマにして「じごくのそうべい」「泣いたあかおに」
の上映と「とのさまサンタ」の絵本の読み聞かせをします。お子様と
年の瀬を前に、映像と絵本の世界をどうぞお楽しみください!
◎開催概要
12月21日(日)14:00-15:00 無料・事前申込不要
--------------------------------------------------------------
■7・・・映像音響ライブラリー 今月の特集は「カフェのある風景」
12月のメディアテークはカフェイベントが盛りだくさん。暖かい飲み
物を用意して、映画や音楽でカフェの雰囲気に浸ってみませんか?
◎映像音響ライブラリー 11月28日(金)~12月28日(日)
http://www.smt.jp/library/av/special/
--------------------------------------------------------------
■8・・・>レポート<まちかどタイムトラベルが始動しました
現在実施中の、携帯電話版アーカイブ閲覧サービスのレポートです。
http://www.smt.jp/diary/
--------------------------------------------------------------
■9・・・メディアテークひと言メモ18「記憶を共有する場」
私たち一人一人の考えや記憶は、何らかの形で誰かと共有しない限り、
それぞれの死とともに永久に失われます。これほどに記憶がもろいも
のであるにもかかわらず、何万年にもわたって人類が文化を伝え育て
ることができたのは、私たちに組み込まれた、孤立を恐れ常に他者と
繋がろうとする欲求のおかげかもしれません。私たちが続ける日々の
会話はもちろん、教育や学習、表現や鑑賞などといった他者とのコミ
ュニケーション活動は、同時に社会の遺伝子として私たちのアイデン
ティティを守り続ける役割をも担っていたと言えるでしょう。それが
今、情報技術のかつてない変革の中で、これまでの私たちの記憶のあ
りかたにも大きな変化がもたらされつつあります。従来は一定の規模
でしか成立しえなかったコミュニケーションが、あっというまに地球
規模に広がる可能性を持ってしまったことの功罪と、そのことへの対
応の難しさはあらためていうまでもありません。
メディアテークのような地域の公共機関こそ、私たちの社会にとって
大切な記憶とは何かについて、利用者とともに正面から考えていく必
要があるでしょう。そしてさらに大切なことは、来るべき新しいコミ
ュニケーションとそれによる記憶のありかたが、特別な技術や力に依
存するようなものではなく、私たちの普段の活動にしっかりと根付い
たものとして定着していくことではないでしょうか。今私たちがおか
れている情報環境の中で、大切な記憶を共有していくための活動拠点
となること、それがメディアテークのアーカイブ事業のもっとも大切
なコンセプトであると考えています。
http://www.smt.jp/diary/
--------------------------------------------------------------
○せんだいメディアテーク
980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
代表 tel 022-713-3171 fax 022-713-4482
イベントの申込み・お問合せ tel 713-4483 fax 713-4482
http://www.smt.jp/
office@smt.city.sendai.jp
--------------------------------------------------------------
smt-mailnews 112 2008.12.01
--------------------------------------------------------------

ページトップへ