せんだいメディアテーク



2009/3/1
せんだいメディアテーク・メールニュース 115
2009.3.1

smt-mailnews
せんだいメディアテーク・メールニュース 115
2008.03.01
--------------------------------------------------------------
このメールニュースはせんだいメディアテークからお送りしています。
内容のお問い合わせや配信の停止については、下記ページへどうぞ。
http://www.smt.jp/info/mailnews/
--------------------------------------------------------------
■0・・・インデックス
■1・・・早いものでもう1年、「日本一決定戦」の季節です
■2・・・聴き比べてください、こだわりオーディオの至上の音色
■3・・・スタジオ・トライアル、3月のテーマは「DTP」
■4・・・smtvシアターでみわたす現在の「仙台」の記録
■5・・・「Sendai Master Cafe」がオープン
■6・・・「どんどこ!巨大紙相撲」のひらきかた
■7・・・今年度のカフェを締めくくるのはやっぱり「おやじ」たち
■8・・・もうひとつの現場―『ミルフイユ』刊行します
■9・・・「smt×koichiro kimura」発売開始
■10・・映像音響ライブラリー 3月の特集は「あつまれ日本一」
■11・・<レポート>スタジオ・ラボ活動中
■12・・メディアテークひと言メモ21「マルにR」
--------------------------------------------------------------
■1・・・早いものでもう1年、「日本一決定戦」の季節です
「せんだいデザインリーグ2009 卒業設計日本一決定戦」は、全国か
ら応募された建築学生の卒業設計を一堂に集め、公開審査によって日
本一を決めるイベントです。7回目を迎える2009年は審査員長に難波
和彦氏を迎え、全国から応募された「卒計」の日本一が決定されます。
◎開催概要
3月8日(日)~3月15日(日)10:00-19:00(最終日は15:00まで) 
*公開審査は川内萩ホールにて行います(3月8日(日)15:00-20:00)
http://gakuseikaigi.com/nihon1/09/
--------------------------------------------------------------
■2・・・聴き比べてください、こだわりオーディオの至上の音色
オーディオの達人(オーディオ・シェフ)による自作のオーディオ装
置の披露とその制作にまつわる秘話や音楽体験をふまえた「秘密のレ
シピ集」ともいうべきレクチャーを開催。初めて真空管に触れるビギ
ナーの方から、長年親しんだステレオに一言お持ちのオーディオ通の
方々まで、広く楽しめる内容です。
◎開催概要「オーディオ・シェフ秘密のレシピ公開」
3月20日(金)、21日(土) 14:00-16:30
500円(飲み物つき)・各日20名
電子メールまたはfaxに、連絡先とお持ちのオーディオ装置・オーディ
オ歴・希望日時をごを記入の上、3月10日(必着)までに担当係へ。応募
多数は抽選。
http://www.smt.jp/AC/
--------------------------------------------------------------
■3・・・スタジオ・トライアル、3月のテーマは「DTP」
ワープロソフトでチラシや会報作成をしていたけれど、描画ソフトで
より良い印刷物を作ってみたいと思っている方にお勧めの講座です。
◎開催概要「スタジオ・トライアル DTPワークショップ」
3月22日(日)、29日(日)13:00-16:00全2日間 5名・無料
電子メールに参加目的、希望日時と連絡先を記入し3月10日(必着)
までに担当係へ。託児サービス(一人につき200円・1歳半から未就学
児)ご希望のかたはあわせてお知らせください。
http://www.smt.jp/trial/03/
--------------------------------------------------------------
■4・・・smtvシアターでみわたす現在の「仙台」の記録
今年度のスタジオで活動団体から提供された映像作品の上映会です。
13:00-14:30のプログラムにはゲストも登場します。
◎開催概要
3月28日(日)13:00-17:30終了予定 無料
ゲスト:関本英太郎(東北大学教授)、菊地貴公(TV-CMディレクター)
http://www.smt.jp/smtv-theatre/
--------------------------------------------------------------
■5・・・「Sendai Master Cafe」がオープン
「海外の方へ紹介したい仙台」をテーマに外国人が感じる仙台の魅力
や紹介したい仙台について中国茶を飲みながら語り合いましょう。
◎開催概要
3月3日(火)19:00-20:30 定員30名(要事前申込・先着順)・無料
お申し込みは、仙台国際交流協会(tel 022-265-2480)まで。
http://www.sira.or.jp/japanese/images/SendaiMasterCafe.pdf
--------------------------------------------------------------
■6・・・「どんどこ!巨大紙相撲」のひらきかた
昨年仙台で開催された「どんどこ!巨大紙相撲大会」。私たちの地域
でも開催してみたいという方を対象に、巨大紙相撲の生みの親KOSU
GE1-16(現代美術ユニット)が、その開き方をお教えします。
◎開催概要
3月5日(木)19:00-20:30 定員30名(先着順)・無料
http://www.smt.jp/opencafe/2009/spring/
--------------------------------------------------------------
■7・・・今年度のカフェを締めくくるのはやっぱり「おやじ」たち
舞台芸術分野で活躍するおやじたちが相談にのります。硬い体を柔ら
かくするにはといった身体話やダンス話、歓送迎会の演出方法などの
悩みにもお答えします。なんとなくの参加も歓迎です。
◎開催概要 goban tube cafe おやじカフェ vol.3
3月28日(土)18:00-20:00 300円(飲み物つき)
マスター:尾崎行彦(美術・街づくり分野)
ゲスト:八巻寿文(せんだい演劇工房10-BOX工房長)、廣瀬純(舞台
プロデューサー、SCSミュージカル研究所代表)、山口清史(照明・
舞台演出)
はがき、faxまたは電子メールにて連絡先と相談したいことを記入の
上、 3月17日(必着)までに担当係へ。
http://www.smt.jp/tube5cafe/oyaji/
--------------------------------------------------------------
■8・・・もうひとつの現場―『ミルフイユ』刊行します
今年度開催した展覧会のドキュメントやビジュアルページ、書き下ろ
しの論考など、内容盛り沢山の機関誌です。3月8日より、メディアテ
ーク内のミュージアムショップにて先行発売開始です。
http://www.smt.jp/mille/01/
--------------------------------------------------------------
■9・・・「smt×koichiro kimura」発売開始
仙台から世界を「挑発」するデザイナー、木村浩一郎氏とのコラボレ
ーションで実現したオリジナルグッズ、本日より発売開始です。
http://www.smt.jp/goods/2008/
--------------------------------------------------------------
■10・・映像音響ライブラリー 3月の特集は「あつまれ日本一」
今月は所蔵資料の中に見つけた日本人初、日本最大など、さまざまな
「日本で一番」をご紹介します。刻まれた記録から、新たな勇気をも
らえるかもしれません。どうぞご利用ください。
◎映像音響ライブラリー2月27日(金)~3月25日(水)
http://www.smt.jp/library/av/special/
--------------------------------------------------------------
■11・・<レポート>スタジオ・ラボ活動中
goban tube cafe仕掛け人のビデオ・インタビューを作成しています
http://www.smt.jp/diary/
--------------------------------------------------------------
■12・・メディアテークひと言メモ21「マルにR」
映画やドラマなどではビルの屋上からヘリコプターが飛び立つシーン
をよく見かけますが、高層ビルの増加も手伝って現実の街でもヘリポ
ートのあるビルは増えているようです。実はメディアテークの屋上に
も用意されており、そこにはRをマルで囲んだマークとその左上に
1-19というコード番号が、上空からも見えやすいように大きく表示さ
れています。
レスキューの頭文字をとったこのマークは「マル・アール」とも呼ば
れますが、実際にヘリコプターが着陸することのできるヘリポート
(マルにHと表記)とは異なり、上空にヘリコプターがホバリング
(静止)して、レスキュー隊員をおろしたり避難した人を救助する場
所であることを意味しています。メディアテークでは、各階西側の非
常口がすべて屋外の避難階段に通じており、ここから地上だけでなく
屋上にも避難することができるようになっています。ちなみに屋上か
らの避難は、あくまで地上に逃げ遅れてしまった人のための補完的な
もので、通常は下におりていただかなければならないのは言うまでも
ありません。また、屋上の「マル・アール」はもちろん、西側の屋外
避難階段も緊急時やメンテナンス目的以外ではご利用いただくことは
できませんので念のため。
http://www.smt.jp/hitokoto/
--------------------------------------------------------------
○せんだいメディアテーク
980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
代表 tel 022-713-3171 fax 022-713-4482
イベントの申込み・お問合せ tel 713-4483 fax 713-4482
http://www.smt.jp/
office@smt.city.sendai.jp
--------------------------------------------------------------
smt-mailnews 115 2008.03.01
--------------------------------------------------------------

ページトップへ