せんだいメディアテーク



2016/12/01
せんだいメディアテーク・メールニュース 212
2016.12.01

smt-mailnews
せんだいメディアテーク・メールニュース 212
2016.12.01
--------------------------------------------------------------
このメールニュースはせんだいメディアテークからお送りしています。
内容のお問い合わせや配信の停止については、下記ページへどうぞ。
http://www.smt.jp/mailnews/
--------------------------------------------------------------
■0・・・インデックス
■1・・・国際センター駅にあそべるカタカナ型の作品が出現!
■2・・・畠山直哉、東北で14年ぶりの個展「まっぷたつの風景」
■3・・・震災と暮らしー震災遺産と人びとの記録からふりかえるー
■4・・・東日本大震災から5年8カ月、定点撮影の記録展示
■5・・・アートノード「TALK」、12月も続々開催!
■6・・・ユースてつがくカフェ、今回のテーマは"好き"って何?
■7・・・シネバトル、今年度のグランドチャンピオンが決定!
■8・・・ミュージアムユニバース~すてき・ふしぎ・おもしろい~
■9・・・映像音響ライブラリー12月の特集「冬の夜」
■10・・<レポート>畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景
--------------------------------------------------------------
■1・・・国際センター駅にあそべるカタカナ型の作品が出現!
大正時代の仙台の児童文化運動に影響を受けたKOSUGE1-16が遊具とし
て楽しめるアート作品を展示します。会期中には、ワークショップや
ライブ、読み聞かせなど、イベントが盛りだくさんです。
◎こどもアートひろば アッペトッペ=オガル・カタカナシ記念公園
12月15日(木)~26日(月)10:00-19:00(最終日は17:00まで)
会場 国際センター駅2階「青葉の風テラス」
◎ワークショップ(要事前申込、詳細はウェブサイトをご覧ください)
・「ホヤちょうちんのお出迎え」 講師 磯崎道佳(アーティスト)
12月18日(日)14:30-17:30
対象 8才以上(ただし保護者同伴なら年齢不問)
定員20名・無料
・ワークショップ「おがる彫」 講師 タノタイガ(美術家)
12月23日(日) (1)10:00-12:00 (2)13:00-15:00
対象 子育てに興味のある方、子育て中の方、商売繁盛を願う方
定員各回10名・無料(ただし飲み物代450円分実費負担)
*このほかの会期中のイベントは、ウェブサイトをご覧ください
https://artnode.smt.jp/katakanashi
--------------------------------------------------------------
■2・・・畠山直哉、東北で14年ぶりの個展「まっぷたつの風景」
陸前高田市出身の写真家・畠山直哉が取り組む「風景」に着目した展
覧会。初期から現在までの作品群と対話の場を通じて、「風景」が持
つ二面性や両義性、畠山の表現と現在の私たちの社会との関係性を探
ります。
◎畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景
11月3日(木祝)~1月8日(日)11:00-20:00 500円
*12月29日から1月3日は休館
◎関連イベント
・ギャラリーツアー
12月4日(日)14:00-
各回先着15名・無料(要展覧会チケット)・直接会場へ
・対談3 志賀理江子(写真家)×畠山直哉(写真家)「暗夜光路-写
真は何をするのか?-」
12月24日(土)13:00-15:00
先着60名・無料(要展覧会チケット)・直接会場へ
・考えるテーブル てつがくカフェ 「畠山直哉 まっぷたつの風景」
から「明日」を問う
12月25日(日)14:00-17:00
先着60名・無料(要展覧会チケット)・直接会場へ
http://www.smt.jp/projects/cloven_landscape/
--------------------------------------------------------------
■3・・・震災と暮らしー震災遺産と人びとの記録からふりかえるー
「ふくしま震災遺産保全プロジェクト実行委員会」が保存してきた物
資料や写真パネルと、わすれン!の参加者が記録してきた映像・写真
等を紹介し、「暮らし」から震災を振り返ります。
◎震災と暮らしー震災遺産と人びとの記録からふりかえるー
12月20日(火)~12月25日(日)10:00~20:00(20日は13:00から)
◎関連トークイベント「残されたものの意味を探る」
12月24日(土) 16:00-18:00 先着180名・無料・直接会場へ
http://recorder311.smt.jp/information/52476/
--------------------------------------------------------------
■4・・・東日本大震災から5年8カ月、定点撮影の記録展示
3.11から5年と8カ月。「震災の風化」が現実昧を帯びるいま、震災
直後から、まちはどのように形を変えながら復旧・復興の道を歩んで
きたのか。その変化を定点撮影によって未来に残します。
◎3.11定点撮影プロジェクト「みつづける、あの日からの風景」
11月20日(日)~1月8日(日)9:00-22:00
*12月29日(木)から1月3日は休館
http://recorder311.smt.jp/information/52089/
--------------------------------------------------------------
■5・・・アートノード「TALK」、12月も続々開催!
地域で活躍する方々の企画によるトークイベントです。
◎TALK藤浩志「増え続けるゴミと格闘する」
12月5日(月)19:00-20:30  先着40名・無料・直接会場へ
http://www.smt.jp/news/2016/10/talk-1.html
◎TALK伊勢田勝行「完全アナログ映像制作夜話」
12月17日(土)18:00-20:00 定員40名・1,000円(要事前申込)
会場 THE 6 (仙台市青葉区春日町9-15 3階) 
https://www.smt.jp/news/2016/10/talk-4.html
--------------------------------------------------------------
■6・・・ユースてつがくカフェ、今回のテーマは"好き"って何?
中高生、20歳前後の方のためのてつがくカフェ。ゆっくりお茶を飲み
ながら言葉を交換して、新たな“ことば”をみんなで探していきます。
◎考えるテーブル ユースてつがくカフェ てつこの部屋「"好き"って何?」
12月18日(日)14:00~16:00 無料・直接会場へ
http://table.smt.jp/?p=13360
--------------------------------------------------------------
■7・・・シネバトル、今年度のグランドチャンピオンが決定!
市民が好きな映画を紹介し、参加者が一番見たい映画を投票で決める
シネバトルのチャンピオン大会です。
◎シネバトルグランドチャンピオン大会2016
12月21日(水)18:30-19:30 定員30名・参加無料・直接会場へ
https://www.smt.jp/projects/cinebattle/2016/11/gc2016-notice.html
--------------------------------------------------------------
■8・・・ミュージアムユニバース~すてき・ふしぎ・おもしろい~
仙台・宮城ミュージアムアライアンスの参加館がせんだいメディアテー
クに集合し、さまざまなイベントを展開します。
◎ミュージアムユニバース~すてき・ふしぎ・おもしろい~
12月17日(土)13:00-18:00、18日(日)10:00-16:00
無料・直接会場へ
https://www.smma.jp/event/smma_mu2016/
--------------------------------------------------------------
■9・・・映像音響ライブラリー12月の特集「冬の夜」
冬は星空を観測するのに、よい季節なのだそうです。大気中が乾燥し、
チリやほこりが少なく、いつもより澄んでいるからだそうです。いつ
もよりも美しい星空を眺めるのも素敵ですね。
今回はそんな星空や宇宙に関係する資料をご紹介します。
◎映像音響ライブラリー 11月25日(金)~12月27日(火)
http://www.smt.jp/library/av/special/
--------------------------------------------------------------
■10・・<レポート>畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景
現在、せんだいメディアテークでは、写真家の畠山直哉さんの個展
「まっぷたつの風景」を開催中です。
会場にはデビュー作の「等高線」や「テリル」「アンダーグラウンド」
「ブラスト」「シエルトンベ」「アトモス」「光のマケット」など、
これまで発表された様々なシリーズから厳選された「まっぷたつ」の
風景が並びます。畠山さんの作品はメディアテークの様な、ゆったり
とした会場で時には遠くからまた時には近づいたりして、ゆっくり眺
めることをオススメします。きっと被写体の方からハッとする様な驚
き、美しさ、不思議さが迫ってくる。それこそが畠山作品の醍醐味だ
と言えます。
さて、本展は岩手県陸前高田市出身の畠山直哉さんにとって14年ぶり
に東北で開催される個展であり東日本大震災から5年を経た年の開催
です。
圧巻なのは会場のほぼ半分を占める約550枚のコンタクトシート(フィ
ルムのベタ焼き)の展示です。約35メートルの机上には、2011年の震
災直後のカットから始まり、今年の8月7日の気仙町での七夕祭りのカッ
トまで隙間なく並びます。この約4400カットに及ぶ記録は、震災後、
ほぼ毎月通い、変わりゆく故郷の風景を記録し続けてきた足跡であり、
そしてこれからも、いつまででも撮り続けていくという畠山さんの決
意といえるのでしょう。是非この機会に一人の写真家が取り組んでき
た故郷の風景へ向けられた眼差しとその先の未来を予感させる作品を
ご覧ください。
http://www.smt.jp/diary/
--------------------------------------------------------------
発信元 せんだいメディアテーク
980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
代表 tel 022-713-3171 fax 022-713-4482
イベントのお申し込み・お問合わせ 
tel 022-713-4483 fax 022-713-4482
http://www.smt.jp/
office@smt.city.sendai.jp
--------------------------------------------------------------
smt-mailnews 212 2016.12.01
--------------------------------------------------------------

ページトップへ