せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | みやぎシネマクラドル

2015年05月27日更新 みやぎシネマクラドル始まります!!

 みなさま、はじめまして。みやぎシネマクラドル代表の我妻です。この度せんだいメディアテークが運営するメディアスタディーズの中に籍を置いて活動を開始することになりました。

 みやぎシネマクラドルについて簡単に紹介しますと、宮城周辺で活動を続ける映像作家と市民団体が共同で立ち上げたプロジェクトといった感じでしょうか。今後作家と市民の交流の拠点として、普段から会員作品の発表会をしたり、勉強会を開いたりなど、映画を通してさまざまな交流ができればと考えております。

 現在の立ち上げメンバーの中には、テレビドキュメンタリーのベテランディレクターや劇場公開の経験のある映画監督をはじめ、今後この世界で活躍していくであろう若々しく瑞々しい作家が揃っています。そんな作家たちの活動を、是非地元のみなさんにも知っていただきたいと考えております。

 また、「映画を作りたいけどどうしていいか分からない」「映画を作っているけど作家同士の交流がない」「せっかく映画を作ったけど人に観てもらう機会が無い」等々、もしそんな悩みを抱えている方がいたら、是非気軽に遊びにきてはいかがですか?ここなら宮城にいながらにしていろいろな刺激や情報を得ることができるかもしれません。

 さらに、みやぎシネマクラドルでは、宮城で観る機会の無い国内の新進気鋭の若手監督を招待しての上映会も開きたいと考えています。世の中には作り手の強い動機によって作られた個性豊かで力強い作品がたくさんあります。そんな作品を少しでも地方で紹介し、自主製作でがんばっている作家たちを応援できればと考えております。

 「cradle」は邦訳すると「ゆりかご」という意味になります。この企画を通してまだ見ぬ映画の魅力と可能性を広く一般市民に伝え、さまざまな価値観を共有し、同時に作家と市民の相互交流の場を設けることで、地元宮城の若手作家と豊かな映画文化を育む役割を担いたい。これが私たちみやぎシネマクラドルの目指すところです。

 とりあえず、まずは6月13日(土)のイベント(詳細は次回ブログにて)を皮切りに、これから少しずつ会員作品の発表会を始め、秋~冬頃に少し大きめのイベントを開きたいと考えております。みなさま、どうか楽しみにしていてください!今後みやぎシネマクラドルをどうぞよろしくお願いいたします!

―代表:我妻和樹(映画『波伝谷に生きる人びと』監督)