せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | 青少年のための生きる技術としてのゲージツ学校

2017年09月06日更新 9/3 第4回レポート 「詩」が「声」になる

9月3日(日)に「青少年のための生きる技術としてのゲージツ学校」第4回を開催

しました。

アーティストのHUNGER(ハンガー)さんによる「詩」の講義はこれで2回目です。

まずは、HUNGERさんコレクションのレコードからそれぞれ気になるレコードを選び、

ターンテーブルに針を落とし、実際に音楽を聴いてみます。

3F6A0659.jpg

 

曲を聴きながら、HUNGERさんより「詩」を書いていくときのアドバイスを紹介して頂きました。

3F6A0709.jpg

3F6A0691.jpg

 

次に、ハンガーさんが選んできた5曲のトラックから受講生がそれぞれ好きな曲を選び、曲を聴きながら、詩を書いていきます。

3F6A0714.jpg

部屋の片隅にこもって書いたり

 

3F6A0744.jpg

詩を英語でタイプしたり

 

3F6A0751.jpg

屋上で、歌いながら考えたり

 

3F6A0715.jpg

何度も曲を聴きながら、それぞれに書き進めていきます。

 

3F6A0778.jpg

合間でハンガーさんからアドバイスをうけながら、それぞれ試行錯誤をつづけ

学校生活のなかで感じている疑問や不満

男女の差を比喩であらわしたもの

夢と現実のギャップを歌ったもの

などなど

オリジナルの「詩」が綴られていきます。

なかには、言葉を無作為に並べて実験的な「詩」に挑戦する受講生も。

3F6A0800.jpg

 

 

最後はこの日に書いた「詩」をトラックにのせて歌いました。

「詩」が「声」になり、みんな耳を澄ませます。

3F6A0784.jpg

3F6A0805c.jpg

今回は、耳や喉を含む身体全体を使いながらの時間となりました。

HUNGERさんの9/17(日)の講義では、この「詩」にタイトルをつけ、録音に挑戦する予定です。

 

 

 

そしてきたる9/9(土)のゲージツ学校第5回は、タノタイガさんによる「美術」のコース。会場はせんだいメディアテークの7fスタジオです。

前回発表したプランが、間の制作期間を経てどのように化けるのでしょうか。