せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | 青少年のための生きる技術としてのゲージツ学校

2017年06月23日更新 鷲田校長による説明会(ガイダンス)

「聴く技術」ってなんだろう

 

この学校は高校生のみなさんと「聴く技術」によって社会との関わりを考えていく

ゲージツの学校です。

ゲージツ学校の校長をつとめる、メディアテーク館長の鷲田清一が、みなさんにむけて

「聴く技術とは」を説明し、問いかけます。

芸術に興味のある方、表現をとおして社会や他者との接点を持とうと考えている方、

夏休みになにかじっくり取り組んでみたい方など、まずはお気軽にご参加ください。

 

日時:7月22日[土]14:00〜15:30

場所:せんだいメディアテーク7階スタジオa

*参加無料、申込不要、先着順(席数40席程度)

*原則として15歳〜20歳の方を対象としておこないます

 

スクリーンショット 2017-06-20 17.14.44.png

校長:鷲田清一(わしだ・きよかず)

哲学者。せんだいメディアテーク館長。京都市立芸術大学学長。哲学的な視点から、身体、他者、言葉、教育、ファッション、アート、ケアなどを論じるとともに、さまざまな社会・文化批評をおこなう。おもな著書に『モードの迷宮』(ちくま学芸文庫、1966年)、『哲学の使い方』(岩波書店、2014年)など。現在、朝日新聞に「折々のことば」連載中。

 

↓チラシはこちらからダウンロードできます 

青少年のための生きる技術としてのゲージツ学校_表.jpg

青少年のための生きる技術としてのゲージツ学校_裏.jpg