イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | シネバトル わたしのイチ押し映画(シネ)はコレよ!

2017年09月28日更新 報告 話題の向くまま気の向くまま・第2回シネバトルトークサロンを開催しました

秋も深まる9月の終わり、第2回目のシネバトルトークサロンが開催されました。

 

CBTS2_7.JPG

お馴染さんも初めてさんもいらっしゃい。今回は10名のご参加。始まってまだ日の浅いトークサロンなので、改めてサロンのルールを確認しました。
 
・人の話は最後まで聞きましょう
・自分の好きな作品が否定されても怒らない
 
みなさん大人ですから舌戦みたいなことにはもちろんなりません。最初にこのルールの説明をするとみなさん微笑みます(笑)。参加者のみなさんが気持ちよくおしゃべりする雰囲気を作ろうとしてくださっているのがよくわかりました。
 
さて冒頭でも述べたとおり世間は秋まっただ中ですが、今回のトークテーマは「夏を惜しむ 〜せめて夏らしい映画の話をしましょう〜」。夏らしい天気をほとんど味わえなかった2017年の仙台。せめて映画の話で夏を満喫しましょうという趣旨ではありましたが…。案の定お題に沿って話していたのは最初の15分くらいだけで(笑)、あとは話題の向くまま気の向くまま。
 
 
CBTS2_8.JPG
 
いや、最初はサーフィン映画の話などしていたんですよ。日本映画で夏を描いた時の独特の湿度の話や夏休み定番のアニメ映画の話とか。でもある参加者の「夏と言えばホラーじゃないかと思うんですけど…」という一言で、「底抜けホラー映画(制作者の意図に反してちっとも怖くなかったりトホホな印象のホラー映画)」の話で盛り上がってしまい…。それも一興これも一興。みなさんの映画愛とディープな知識が炸裂する1時間半でした。
 
 
CBTS2_52.JPG
 
トークサロンでは参加者のお名前や年齢、性別も不問です。「あなたもわたしも映画が好き」というだけで座を囲む場です。お話のやりとりから察するに、若い方から昭和3〜40年代生まれな方まで、幅広い年齢層の方に参加いただけたようです。また今回はよくしゃべる方と熱心に聞き役に回られる方が自然に分かれていました。「何かしゃべらなきゃ…」のようなプレッシャーとも無縁で、そのあたりも居心地が良かった理由かもしれません。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。またお会いしましょう。
 
シネバトルトークサロン、次回は11月29日(水)に開催予定です。どなたでもご参加いただけます。ぜひ足をお運びください。
(A.H.)