せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | 物語りのかたち − 現在に映し出す、あったること

2015年07月15日更新 参加作家の紹介

【展覧会参加作家】

いがらしみきお

1955年宮城県加美町生まれ。仙台市在住。漫画家。工業高校を中退した後、工場や印刷所勤務を経て24歳でデビュー。過激なギャグやシュールな表現の中に、人間味や不条理、生と死などのテーマをにじませる独特の作風を持つ。代表作に『ぼのぼの』(竹書房/第12回講談社漫画賞受賞)、『忍ペンまん丸』(スクウェア・エニックス/第43回小学館漫画賞受賞)、『かむろば村へ』(小学館・ビックコミック)を原作にした映画『ジヌよさらば かむろば村へ』は2015年4月より全国で上映中。最新作『誰でもないところからの眺め』(太田出版)は2015年9月より発売。


田村友一郎

1977年富山県生まれ。美術作家。日本大学芸術学部写真学科卒。東京藝術大学大学院映像研究科修了。2013年、文化庁新進芸術家海外派遣制度によりベルリン芸術大学・空間実験研究所に在籍。現在、東京藝術大学大学院映像研究科後期博士課程に在籍。2010年にGoogleStreetViewのイメージのみで構成されたロードムービー『NIGHTLESS』で第14回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞を受賞、同作を第3回恵比寿映像祭、第57回オーバーハウゼン国際短編映画祭(ドイツ)、WRO国際メディアアートビエンナーレ2011(ポーランド)など世界各国で上映。近年のおもな展示に、MOTアニュアル2012「風が吹けば桶屋が儲かる」(東京都現代美術館)、瀬戸内国際芸術祭2013、メディアシティ・ソウル2014(韓国)など。映像、インスタレーション、パフォーマンスなど表現形態は多岐に渡る。


山本高之

1974年愛知県生まれ。美術作家。愛知県立芸術大学非常勤講師。愛知教育大学初等教育教員養成課程(芸術系)卒。同大学大学院芸術教育専攻美術分野修了。チェルシー・カレッジ・オブ・アートアンドデザイン、ファインアート修士修了。2014年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成を受け、ニューヨークに滞在。子どもの素直な感性や創造性を通し、人の意識下に潜む慣習や物事の関係性を表現する。近年のおもな個展に2011年「Novi Pakao-New Hell」(Max Artfesta、クロアチア)、2012、2013年「Facing the Unknown」(MUZZ、ケンジタキギャラリー)、など。近年のおもなグループ展に、あいちトリエンナーレ2010、2012年「Phantoms of Asia: Contemporary Awakens the Past」(Asian Art museum、アメリカ)、2014年「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」(森美術館)がある。