せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | 物語りのかたち − 現在に映し出す、あったること

2015年08月25日更新 山本高之さんによるワークショップ第2弾(9/19、9/20、9/22-9/23)開催!【終了しました】

こちらのワークショップは終了しました。

WS画像_1.jpg

いまから28年前に、仙台市港地区で開催された「'87年未来の東北博覧会」。
広大な会場には、産業、環境、暮らしなど、当時の人びとがさまざまな視点から想い描いた「東北の未来」がたくさんのパビリオンとなって立ち並び、全国から多くのお客さんが訪れました。また、博覧会の盛り上げ役には、「コケット君」というユニークなマスコットキャラクターも。

期待にあふれてにぎわった博覧会。人びとは、どのように宣伝し、その魅力を伝えたと思いますか? そして、未来へと発展していく東北を象徴し、人びとに親しまれた「コケット君」は、いったいどのような姿をしていたのでしょう?

10月末から開催予定のメディアテークの展覧会「物語りのかたち-現在(いま)に映し出す、あったること」に参加する美術作家の山本高之さんは、現在、この「未来の東北博覧会」をテーマにした作品を制作しています。

本ワークショップでは、展覧会での展示にむけて、山本さんと一緒に博覧会のポスターと「コケット君」の焼き物をつくります。
みなさんも、山本さんの制作に参加してみませんか?



【コケット君づくり】※終了しました
日時:2015年9月19日(土)
   2015年9月20日(日)
   11:00-16:00
定員:各日10名

【ポスターづくり】※終了しました
日時:2015年9月22日(火)-23日(水)
   11:00-16:00
定員:15名(両日参加できる方)

会場

せんだいメディアテーク

対象:小学1年生〜中学生
   ※親子参加可
   ※お弁当持参

参加方法

メールまたはFAXにて希望日・氏名・住所・年齢を記載し、9月14日9月18日(金)までに「物語りのかたち展」係までお申し込みください。定員に達した場合は、抽選となります。

mail:office@smt.city.sendai.jp
FAX:022-713-4482

※申し込みにていただいた個人情報は、当該事業及び関連事業の連絡やお知らせのみに使用いたします。

講師

山本高之
1974年愛知県生まれ。美術作家。愛知県立芸術大学非常勤講師。愛知教育大学初等教育教員養成課程(芸術系)卒。同大学大学院芸術教育専攻美術分野修了。チェルシー・カレッジ・オブ・アートアンドデザイン、ファインアート修士修了。2014年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成を受け、ニューヨークに滞在。子どもの素直な感性や創造性を通し、人の意識下に潜む慣習や物事の関係性を表現する。近年のおもな個展に2011年「Novi Pakao-New Hell」(Max Artfesta、クロアチア)、2012、2013年「Facing the Unknown」(MUZZ、ケンジタキギャラリー)など。近年のおもなグループ展に、あいちトリエンナーレ2010、2012年「Phantoms of Asia: Contemporary Awakens the Past」(Asian Art museum、アメリカ)、2014年「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」(森美術館)がある。

images_fortune_telling_sf_01.jpeg
       「きみのみらいをおしえます:サンフランシスコ」2012年