メディアテークひと言メモ|せんだいメディアテーク

せんだいメディアテーク



せんだいメディアテークをもっとよく知るためのさまざまな情報を、 副館長/企画・活動支援室長、佐藤泰がお届けします。

21「マルにR」

映画やドラマなどではビルの屋上からヘリコプターが飛び立つシーンをよく見かけますが、高層ビルの増加も手伝って現実の街でもヘリポートのあるビルは増えているようです。実はメディアテークの屋上にも用意されており、そこにはRをマルで囲んだマークとその左上に1-19というコード番号が、上空からも見えやすいように大きく表示されています。
レスキューの頭文字をとったこのマークは「マル・アール」とも呼ばれますが、実際にヘリコプターが着陸することのできるヘリポート(マルにHと表記)とは異なり、上空にヘリコプターがホバリング(静止)して、レスキュー隊員をおろしたり避難した人を救助する場所であることを意味しています。メディアテークでは、各階西側の非常口がすべて屋外の避難階段に通じており、ここから地上だけでなく屋上にも避難することができるようになっています。ちなみに屋上からの避難は、あくまで地上に逃げ遅れてしまった人のための補完的なもので、通常は下におりていただかなければならないのは言うまでもありません。また、屋上の「マル・アール」はもちろん、西側の屋外避難階段も緊急時やメンテナンス目的以外ではご利用いただくことはできませんので念のため。

(2009/03/01)


  • これが「マル・アール」
  • メディアテーク外観

ページトップへ