せんだいメディアテーク | スクリーンに描かれた街 仙台

赤西蠣太

監督:伊丹万作/1936年/78分/35mmフィルム(16mmフィルムで上映)
出演:片岡千恵蔵/杉山昌三九/上山草人

伊達騒動をもとにした志賀直哉の短編小説「赤西蠣太」の映画化。監督は日本映画初期を代表する伊丹万作、主演する片岡千恵蔵は二枚目と醜男の二役を演じている。また、6月10日に上映する『ハリウッドを駈けた怪優 異端の人・上山草人』の上山草人も出演している。

上映情報:
6月7日(月)17:00/8日(火)17:00
無料

独眼竜政宗

監督: 河野寿一/1959年/87分/35mmフィルム(16mmフィルムでの上映)
出演: 中村錦之助(萬屋錦之介)/月形竜之介/岡田英次/佐久間良子

伊達政宗に関する史実を大胆に脚色し、娯楽映画として作り上げた作品。時の天下人・豊臣秀吉は陸奥の武将・伊達政宗を恐れ、策略を巡らすが政宗の機知により失敗し、とうとう暗殺団を派遣して殺害を謀る。それによって重傷を負う政宗だが、強靱な精神力で危機を脱し、秀吉と対峙しようとする。

上映情報:
6月5日(土)11:00/14:00
すべて音声解説・日本語字幕付き上映
無料

赤い殺意

監督:今村昌平/1964年/150分/35mmフィルム
出演:春川ますみ/露口茂/西村晃

『楢山節考』(1983年)、『うなぎ』(1997年)でカンヌ国際映画祭パルムドールを2度受賞した故・今村昌平監督が、東京が舞台であった原作を仙台に移して撮った作品。暴行犯との関係を通じて女性の力強さを描いたスキャンダラスな内容である一方、昭和30 年代の仙台駅などを見ることができる貴重なものでもある。

上映情報:
6月8日(火)14:00/9日(水)11:00
無料

青葉繁れる

監督:岡本喜八/1974年/87分/35mmフィルム
出演: 丹波義隆/草刈正雄/十朱幸代/秋吉久美子/ハナ肇

4月に亡くなった井上ひさしが自身の仙台第一高等学校で過ごした時代をもとに執筆した同名小説の映画化。仙台を舞台に、東京から転校してきた秀才と、主人公のミノルほか地元有名校の劣等生らが繰り広げる青春群像。青葉城趾など仙台市内各所で撮影されている。

上映情報:
6月5日(土)17:00/7日(月)19:00/9日(水)14:00
有料

ハリウッドを駈けた怪優 異端の人・上山草人

監督:諏訪敦彦/1995年/68分/βカム
宮城県出身で、1920年代のハリウッドで東洋人俳優として『バグダッドの盗賊』などに出演し有名だった上山草人(かみやまそうじん)の生涯をドラマとドキュメンタリーの手法で描いた作品。東日本放送開局20周年・映画誕生100 周年記念特別企画として制作され、監督は『M/OTHER』や『不完全なふたり』で国際的に評価される諏訪敦彦氏。
*上映後、同作品の監督の諏訪敦彦氏とプロデューサーの加藤昌宏氏によるトークを予定しています。

ゲスト
諏訪 敦彦
映画監督。東京造形大学学長。大学在学中にぴあフィルムフェスティバルに入選するなどした後、テレビドキュメンタリーの演出に携わる。1997 年に『2/ デュオ』で長編映画デビューし、『M/OTHER』(1999年)がカンヌ国際映画祭批評家連盟賞を受賞、『H Story』(2001年)、『不完全なふたり』(2005年)、『ユキとニナ』(2009 年)など、即興的な演出による作品を発表し、海外でも評価が高い。

加藤 昌宏
KHB 東日本放送制作部長。宮城県生まれ、1978年東日本放送入社。報道部などを経て1994年から制作部。1995年度ギャラクシー奨励賞を受けた『ハリウッドを駈けた怪優 異端の人・上山草人』の企画・プロデューサー。ほかプロデュースした番組に『歌人・原阿佐緒の恋』、『アラスカの星~フランク安田』、『椎名誠が見た!シベリアの東北』、『TV イーハトーブ』など。

上映情報:
6月10日(木)19:00
無料

ア・ルース・ボーイ

監督:細野秀昭/1998年/35mmフィルム
出演:小嶺麗奈/岡田義徳/三上大和/KONTA

仙台在住の小説家・佐伯一麦氏による同名小説の映画化。有名校を中退した少年と子どもを産んだ少女が懸命に生きる姿が描かれている。全編が仙台で撮影され、在仙の演劇人や仙台第一高等学校の生徒たちが出演している。1999年に太白図書館開館記念企画として一度だけ上映されて以来の上映となる。
*上映後、原作者の佐伯一麦氏によるトークを予定しています。

ゲスト
佐伯 一麦
小説家。仙台市に生まれ、週刊誌記者や電気工の職業を経験しつつ、1984年に「木を接ぐ」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。『ア・ルース・ボーイ』(1991年)が三島由紀夫賞、『鉄塔家族』(2004年)が大佛次郎賞、『ノルゲ』(2007年)が野間文芸賞など受賞多数。最新刊に『誰かがそれを』。

上映情報:
6月6日(日)17:00
無料

非・バランス

監督:富樫森/2001年/95分/35mmフィルム
出演:派谷恵美/小日向文世/柏原収史

魚住直子の同名小説を映画化。中学2年生の松本チアキは、小学校時代に親友からいじめをうけたことが心の傷となっている。夏休みを前にしたある日、ふとしたきっかけでオカマの菊ちゃんと知り合い、さまざまな出来事をとおして心を通じ合わせていく。仙台市内の商店街や広瀬川にかかる霊屋橋(おたまやばし)が映る。

上映情報:
6月6日(日)11:00(音声解説・日本語字幕付き上映)/8日(火)19:00
有料

アヒルと鴨のコインロッカー

監督: 中村義洋/2007年/110分/35mmフィルム(DVDで上映)
出演:濱田岳/瑛太/関めぐみ/大塚寧々/松田龍平

仙台在住の小説家・伊坂幸太郎氏による同名小説の映画化、そして、せんだい・宮城フィルムコミッションの全面協力により撮影された作品として注目され、後に『ゴールデンスランバー』も中村義洋監督が仙台で撮ることとなった。物語は、仙台に越してきた主人公が隣人に「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけられるところから始まる。

上映情報:
6月8日(火)11:00(音声解説・日本語字幕付き上映)/10日(木)14:00
無料

オハイエ!

監督:菊地昭典/2007年/102分/DVD

「みんなちがって、みんないい」を合い言葉に、音楽を通じて、障害のある人もない人も自分を表現し楽しむことを目指して2001年から仙台で開かれている「とっておきの音楽祭」。この作品は2006年に行われた音楽祭の様子を47台のカメラで記録したドキュメンタリー作品。

上映情報:
6月6日(日)14:00(音声解説・日本語字幕付き上映)
有料

市民の中の映像記録

制作:せんだいメディアテーク/2010年/60分/DVD

せんだいメディアテークが2009 年に行った「8ミリフィルム救助隊」で市民のみなさまからご提供いただいた、1956 - 86 年(昭和31 - 61年)の仙台を記録した古い8ミリフィルムから構成した映像記録集。テーマは「仙台市電・街並み」「お祭り」「生活・風俗」。
*監修者による解説をまじえながらの上映を予定しています。

上映情報:
6月9日(水)17:00/10日(木)11:00
無料

ゴールデンスランバー

監督: 中村義洋/2010年/139分/35mmフィルム
出演:堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり/香川照之

仙台在住の小説家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。同様に伊坂幸太郎原作・仙台ロケの『アヒルと鴨のコインロッカー』を監督した中村義洋の手で、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配便の運転手の逃避行を描く。道路を封鎖しての首相パレードや、雨水管を逃げる場面など、すべて仙台で撮影された。
*6月5日(土)の上映前、監督の中村義洋氏による舞台挨拶を予定しています。

上映情報:
6月5日(土)19:00/7日(月)14:00/9日(水)19:00
すべて日本語字幕付きフィルムによる上映
有料