イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | 記録と想起・イメージの家を歩く

2014年度 記録と想起・イメージの家を歩く

会期:2014年11月15日(土)から
   2015年1月12日(月)まで
   *11月27日および
    12月29日から1月3日は休館
公開時間:11時から20時
会場:せんだいメディアテーク
   6階 ギャラリー4200
入場料:一般(大学生・専門学校生含む)100円、高校生以下無料(豊齢カード、障がい者手帳をお持ちの方は半額)

記録と想起・イメージの家を歩く とは

「3がつ11にちをわすれないためにセンター」の記録を活用した展覧会。インターネットを基盤とした震災のアーカイブに収められた記録データを、台所や寝室など生活空間を模した空間に展示することで、記録がもつさまざまな表情を引き出します。

基本情報

主催:せんだいメディアテーク
(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
助成:財団法人 地域創造  芸術文化振興基金
後援:NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、河北新報社、朝日新聞仙台総局、読売新聞東北総局、毎日新聞仙台支局、産経新聞東北総局、仙台リビング新聞社、せんだいタウン情報S-Style、エフエム仙台、ラジオ3
協力:協同組合 仙台卸商センター

更新情報 日付・カテゴリーで絞る

閉じる

対話の可能性 記録と想起・イメージの家を歩く

開催期間 2014年11月15日(土)-2015年1月12日(月) 11:00ー20:00 ※11月27日(木)、12月29日(月)-1月3日(土)は休み 
会場 6f ギャラリー4200
主催共催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
後援協力 助成:一般財団法人 地域創造、芸術文化振興基金
後援:NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、河北新報社、朝日新聞仙台総局、読売新聞東北総局、毎日新聞仙台支局、産経新聞東北総局、仙台リビング新聞社、せんだいタウン情報S-Style、エフエム仙台、ラジオ3

出展者:伊藤照手、岩崎孝正、川名まこと、川村智美、木村グレゴリオ、Yako Kimura、小森はるか、酒井 耕、佐藤貴宏、鈴尾啓太、瀬尾夏美、高野裕之、高橋哲男(Jai)、長崎由幹、中村友紀、濱口竜介、早川由美子、藤井 光、細谷修平
会場設計:関本欣哉
デザイン:有佐裕樹

閉じる

対話の可能性「記録と想起」展 関連イベント 台所の声-よみかたり-

開催期間 2014年11月29日(土) 15:00-17:00
会場 6f ギャラリー4200 ホワイエ
主催共催 房内まどか・みかみ凜/せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
後援協力 助成:地域創造

このイベントは「記録と想起-映像アーカイブと生活空間の関係-」展の関連企画です。台所という場から想起される、詩をはじめとしたさまざまな言葉たちを、朗読をとおして声で鑑賞し、語り合います。誰かの言葉を自分の声で語りなおしたときに見えてくる風景や感覚を大切にし、それについて語り合うことで、鑑賞の奥深さや楽しさを体験していきたいと思います。

閉じる

対話の可能性「記録と想起」展 関連イベント ギャラリーツアー

開催期間 2014年11月16日(日)、23日(日)、12月7日(日)、14日(日) 各回14:00-16:00
会場 6f ギャラリー4200
主催共催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

メディアテークの学芸スタッフや本展参加作家と一緒に展覧会をみるツアーです。

閉じる

対話の可能性「記録と想起」展 関連イベント 「かたログvol.23」

開催期間 2014年12月19日(金)20:30〜21:30
会場 7fスタジオシアター
主催共催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

「かたログ」は映画監督の濱口竜介と酒井耕が、東北記録映画三部作を共同制作する中で、そのコンセプトや撮影進行の様子などについて対談・鼎談形式で配信していた番組です。今回は「記録と想起」展関連イベントとして、上映会のプログラムのひとつである『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』(監督:藤井光)上映後に、映画監督/美術家の藤井光本人を迎え、今日の映像表現についてのトークを行います。