せんだいメディアテーク



2010/7/1
せんだいメディアテーク・メールニュース 131
2010.7.1

smt-mailnews
せんだいメディアテーク・メールニュース 131
2010.07.01
--------------------------------------------------------------
このメールニュースはせんだいメディアテークからお送りしています。
内容のお問い合わせや配信の停止については、下記ページへどうぞ。
http://www.smt.jp/info/mailnews/
--------------------------------------------------------------
■0・・・インデックス
■1・・・あなたもテレビのディレクターに
■2・・・あなたの生活品、2000点ほど、お借りできませんか?
■3・・・目の不自由なかたへの情報提供ボランティア募集中
■4・・・風景に身を置き、食べる
■5・・・さあ、次は、あなたの作品です
■6・・・ゲーム好き、集まれ!おもちゃ病院も当日同時開催します
■7・・・ブログで簡単!情報発信
■8・・・市民がつくる音楽祭~街が変わる!祭りが生まれる!~
■9・・・てつがくカフェ@せんだい「<老いる>ってよくないこと?」
■10・・映像音響ライブラリー 7月の特集は「郷土のかお」
■11・・<レポート>「いま、バリアとはなにか」レポート1
■12・・メディアテークひと言メモ37「視聴覚教材」
--------------------------------------------------------------
■1・・・あなたもテレビのディレクターに
仙台CATVと共同でつくる「ことりTV」で、番組ディレクターになって
みませんか。街のネタや自分の興味をあなたの視点で番組にしていき
ます。アイディアだけでもOK。カメラを使ったことがない人も、撮影
や編集の仕方を学びながら活動できます。
◎開催概要
・スタジオ・ラボ「『ことりTV』ディレクター」
7月15日(木)19:00- 無料・定員10名(要事前申込)
・スタジオ・トライアル「HDの撮影・編集の基礎」
7月15日(木)19:00- 無料・定員10名(要事前申込)
詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.smt.jp/lab/
--------------------------------------------------------------
■2・・・あなたの生活品、2000点ほど、お借りできませんか?
開館10周年事業「いま、バリアとはなにか」の6階ギャラリーの展覧会
(会期:10月24日から12月末)で作品を発表する小山田徹さんの制作に協
力していただけるかたを募集しています。制作期間は7月から10月です。
また、7月10日(土)14:00から16:00まで、メディアテーク7階スタジオ
dにて、小山田徹さんによる説明会を行います。詳細は下記ウェブサイ
トをご参照ください。
・募集概要 http://www.smt.jp/anniversary/10th/how_barrier_is/6f/cooperation.html
・展覧会概要 http://www.smt.jp/anniversary/10th/event.html#theme1
--------------------------------------------------------------
■3・・・目の不自由なかたへの情報提供ボランティア募集中
パソコン点訳、音訳と朗読、2つの分野で目の不自由なかたへの情報
提供にご協力いただける経験者を募集します。活動内容や条件・申込
み方法等、詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.smt.city.sendai.jp/info/office/2010/ten_on/
--------------------------------------------------------------
■4・・・風景に身を置き、食べる
micafe(ミカフェ)では、みなさんと一緒に私たちの「身体」というメ
ディアについて考えます。今回のゲストスピーカーは建築家で「東京
ピクニッククラブ」を主宰されている太田浩史さんです。楽しいピク
ニックのお話を中心に、私たちの身体と都市空間についてお話しして
頂きます。私たちの身体の可能性を一緒に探ってみませんか?
◎開催概要 goban tube cafe「micafe(ミカフェ)」
7月9日(金) 19:00-21:00 参加費500円(事前申込不要)
詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.media.is.tohoku.ac.jp/micafe/
--------------------------------------------------------------
■5・・・さあ、次は、あなたの作品です
今回は、大阪の「てれれ」の作品と、仙台市民の方が制作した作品を
上映します。1回目の作品を見て「では私も」と応募して下さった作品
が少しずつ集まってきました。見て、お茶して、笑って、話して、さ
あ、次は「あなたの作品」です!
◎開催概要 goban tube cafe「映像カフェせんだい」
7月10日(土)15:00-17:00 参加費500円・定員15名(要事前申込)
詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://movie-cafe.jimdo.com
--------------------------------------------------------------
■6・・・ゲーム好き、集まれ!おもちゃ病院も当日同時開催します
昨年好評のテーブルゲーム・カフェが、相変わらずの飲み物は参加者
持参で帰ってきました。日・独・仏等のボードゲームやカードゲーム
を子どもも大人も一緒になって遊びます。お友達同士やご家族連れで、
ぜひご参加ください。※ゲームの持ち込みはご遠慮ください。
◎開催概要 goban tube cafe「テーブルゲーム・カフェ4」
7月11日(日)13:00-16:00  参加無料(事前申込不要)
詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://prj.smt.jp/~gobantubecafe/?p=1789
--------------------------------------------------------------
■7・・・ブログで簡単!情報発信
デジタルカメラでの撮影の基本から、パソコンへの写真の取り込み・
修正・加工し、撮影した写真を使用してブログで情報発信します。
◎開催概要 「デジカメ活用&ブログで情報発信講座」
7月17日(土)~7月19日(月)10:00-13:00 *3日間連続講座
参加費2,500円・定員15名(要事前申込)
詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://book.geocities.jp/ssnc5963/event/blog/index.html
--------------------------------------------------------------
■8・・・市民がつくる音楽祭~街が変わる!祭りが生まれる!~
定禅寺ストリートジャズフェスティバルは、今年20周年を記念して、
他県の音楽祭主催者などを迎えたシンポジウムと、各音楽祭を代表す
るバンドの演奏もあります。
◎開催概要「定禅寺ストリートジャズフェスティバル
市民がつくる音楽祭シンポジウム~街が変わる!祭りが生まれる!~」
7月18日(日)17:00-21:00 無料
詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.j-streetjazz.com/
--------------------------------------------------------------
■9・・・てつがくカフェ@せんだい「<老いる>ってよくないこと?」
てつがくカフェは、わたしたちが通常当たり前だと思っている事柄か
らいったん身を引き離し、そもそもそれって何なのかといった問いを
投げかけ、ゆっくりお茶を飲みながら、「哲学的な対話」をとおして
自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験していただ
こうとするものです。第3回目のテーマは「<老いる>ってよくないこと
?」です。どなたも気軽にご参加ください。
◎開催概要 goban tube cafe「てつがくカフェ@せんだい」
8月1日(日)15:00-17:00 無料・事前申込不要
http://prj.smt.jp/~gobantubecafe/?p=1817
--------------------------------------------------------------
■10・・映像音響ライブラリー 7月の特集は「郷土のかお」
今月は仙台の街並みや風景が記録された作品、地元(県内)ロケの映画
ゆかりの作家の朗読作品など、郷土のさまざまな「かお」がわかる資
料を集めました。どうぞご利用ください。
◎映像音響ライブラリー6月25日(金)~7月21日(水)
http://www.smt.jp/library/av/special/
--------------------------------------------------------------
■11・・<レポート>「いま、バリアとはなにか」レポート1
小山田徹さんと藤井光さんの仙台リサーチの様子をレポートします。
http://www.smt.jp/diary/
--------------------------------------------------------------
■12・・メディアテークひとことメモ37「視聴覚教材」
映像を使った日本の視聴覚教育は、第二次大戦後のアメリカによる民
主主義教育とともに始まったということができます。アメリカの文化
や生活スタイルが16ミリフィルムに焼き込まれて全国に配布され、学
校教育や社会教育の現場でさかんに上映されたのです。その後文部省
の主導により各地に視聴覚教材センターがおかれ、娯楽ではない教育
目的の教材フィルムと映写機材を学校や社会教育施設に提供するサー
ビスが本格化しました。しかし日進月歩のメディア技術は、各地の教
材センターのあり方や存在意義にもさまざまな変化をもたらし、仙台
市の教材センターも、メディアテーク開館とともにその業務をメディ
アテークと教育委員会に引き継ぐかたちで廃止されました。こうして
メディアテークに引き継がれた視聴覚教育の伝統は、2階の教材ライブ
ラリーに脈々と受け継がれています。さまざまな時代背景や技術の変
化に翻弄されるかたちとなった視聴覚教材。さすがに学校教育の現場
で活用される機会は少なくなりましたが、残されたフィルムや映写機
の数々は、今やむしろ貴重な文化史資料として新しい輝きを放ち始め
ています。
http://www.smt.jp/hitokoto/
--------------------------------------------------------------
○せんだいメディアテーク
980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
代表 tel 022-713-3171 fax 022-713-4482
イベントの申込み・お問合せ tel 713-4483 fax 713-4482
http://www.smt.jp/ office@smt.city.sendai.jp
--------------------------------------------------------------
smt-mailnews 131 2010.07.01
--------------------------------------------------------------

ページトップへ