せんだいメディアテーク



2010/11/12
せんだいメディアテーク・メールニュース 137
2010.11.12

smt-mailnews
せんだいメディアテーク・メールニュース 137
2010.11.12
--------------------------------------------------------------
このメールニュースはせんだいメディアテークからお送りしています。
内容のお問い合わせや配信の停止については、下記ページへどうぞ。
http://www.smt.jp/info/mailnews/
--------------------------------------------------------------
■0・・・インデックス
■1・・・週末はメディアテークへ!
■2・・・10周年企画に参加しているアーティスト同士の対談です
■3・・・読書会と映像制作を組み合わせたワークショップです
■4・・・めでぃあヲどりはこんなヲどりだ!映像大公開
■5・・・言葉でみる地図「つぶやきマップ」を片手に展示を散策
■6・・・21日は気鋭の映画研究者・平沢剛氏来場
■7・・・23日は「キャタピラー」の若松孝二監督来場
■8・・・コミュニケーションについて、道具から考えてみる
■9・・・障害のある人のアートを仕事に!
■10・・いのちの手ざわり からだ・殻だ・空だ・だから…
--------------------------------------------------------------
■1・・・週末はメディアテークへ!
10月下旬に本格的に始まったメディアテークの開館10周年事業。11月
後半は、毎週末ゲストが来仙し、さまざまなイベントを開催します。
いつ行こうか迷っているかた、この機会をお見逃しなく!
--------------------------------------------------------------
■2・・・10周年企画に参加しているアーティスト同士の対談です
国内の洞窟を数多く探検している小山田徹と、洞窟にまつわる著書や
写真作品を発表している港千尋が、洞窟空間の魅力について語ります。
◎開催概要 「洞窟の話 小山田徹×港千尋」
11月14日(日)14:00-16:00 無料・定員30名*展覧会入場料が必要です
http://www.smt.jp/how_barrier_is/
--------------------------------------------------------------
■3・・・読書会と映像制作を組み合わせたワークショップです
オルテガ・イ・ガセット『大衆の反逆』(ちくま学芸文庫)の音読を行
いながら、その様子を映像に記録していきます。「音読」することの
魅力を体験しながら、映像表現の可能性を探る実験です。
◎開催概要 「藤井光の音読式映像ワークショップ」
11月23日(火祝)14:00-17:00 無料・要事前申込
faxまたは電子メールに連絡先を記載して担当係へ(11月20日締切、先
着順)。当日は、該当する本を持参が必要
http://www.smt.jp/how_barrier_is/
--------------------------------------------------------------
■4・・・めでぃあヲどりはこんなヲどりだ!映像大公開
独自に開発した人工音声で作曲活動を行うフォルマント兄弟。5月か
ら市民協働で、仙台の新しい民謡と踊り「せんだいめでぃあヲどり」
を制作しました。10月にみちのくみちのくYOSAKOIまつりで披露された
作品の演舞の様子や制作過程を、映像展示でご紹介します。
◎開催概要 「せんだいめでぃあヲどり制作プロジェクト記録展示」
11月20日(土)~12月26日(日) 無料
http://www.smt.jp/formant/news/
--------------------------------------------------------------
■5・・・言葉でみる地図「つぶやきマップ」を片手に展示を散策
京都に暮らす全盲の美術家、光島貴之さんの日常を、音や匂いなどの
展示物により仮想的に体験する展覧会。「つぶやきマップ」を頼りに、
視覚以外の感覚を総動員して7階の空間を感じてみてください。展覧
会の感想をツイッターで投稿すると直接作家とお話できます。
◎開催概要 光島貴之「音と触覚で生活世界をなぞる」
10月23日(土)~12月26日(日) 無料
http://www.smt.jp/mitsushima/
--------------------------------------------------------------
■6・・・21日は気鋭の映画研究者・平沢剛氏来場
「最新/最強のインディペンデント」、一人目のゲストは、『若松孝
二全発言』(2010年/河出書房新社)をまとめた気鋭の映画研究者・平沢
剛氏です。思想誌『VOL』の編集委員もつとめ、1960年代の政治運動に
も詳しい氏から、若松映画の歴史と現在を解説していただきます。
◎開催概要 「映像の力」第2部ゲストトーク・平沢剛
11月21日(日)13:30-『壁の中の秘事』上映後 入場料500円
http://www.smt.jp/beyond_words/
--------------------------------------------------------------
■7・・・23日は「キャタピラー」の若松孝二監督来場
「最新/最強のインディペンデント」、二人目のゲストは、『キャタ
ピラー』がベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した若松孝二監督です。
1960年代から旺盛に映画を撮り続け、世界的な評価をえながら今も新
作に取り組む若松監督から、トークではぜひ若い人たちと話がしたい
とのメッセージがありました。
◎開催概要 「映像の力」第2部ゲストトーク・若松孝二
11月23日(火祝)13:30-『17歳の風景―少年は何を見たのか』上映後
入場料500円
http://www.smt.jp/beyond_words/
--------------------------------------------------------------
■8・・・コミュニケーションについて、道具から考えてみる
誰でも自由に表現し、社会活動に参画できる可能性をもたらしてくれ
るインターネット。その特性とリスクについて、いとうせいこう氏、
白石草氏、津田大介氏、毛利嘉孝氏をゲストにお招きして議論します。
◎開催概要 「コミュニケーションの未来へ」第2部「表現すること」
のもどかしさ *要約筆記つき
11月21日(日)14:00-17:00 500円・200名(要事前申込・先着順)
faxまたは電子メールに、連絡先を記載して担当係へ。席に余裕のある
場合は当日も受け付けます。
http://www.smt.jp/future_communication/
--------------------------------------------------------------
■9・・・障害のある人のアートを仕事に!
障害のある人のアート作品を社会に発信するエイブル・アート・カン
パ二―。作品を商品化したり、デザインとして使うことができる仕組
みを提案しています。カフェ形式のオープンな場で、障害のある人の
アートを仕事にするための取り組みについて語り合いませんか?
◎開催概要 goban tube cafe「エイブルアート・カフェin仙台」
12月4日(土)13:30-17:00 500円・定員30人(先着順)
http://www.ableartcom.jp/newsb/
--------------------------------------------------------------
■10・・いのちの手ざわり からだ・殻だ・空だ・だから…
「いのちの手ざわり」をテーマに、アートとケアが出会うところから
生まれる新しい人間関係やコミュニティ、身体知について考えます。
学会員以外の方もご参加ください。
◎開催概要 「アートミーツケア学会」
12月11日(土)~12月12(日) 一般4,000円(学生2,000円)・定員150名
要事前申込(12月3日まで、先着順)
詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
http://popo.or.jp/artmeetscare/
--------------------------------------------------------------
○せんだいメディアテーク
980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
代表 tel 022-713-3171 fax 022-713-4482
イベントの申込み・お問合せ tel 713-4483 fax 713-4482
http://www.smt.jp/
office@smt.city.sendai.jp
--------------------------------------------------------------
smt-mailnews 137 2010.11.12
--------------------------------------------------------------

ページトップへ