せんだいメディアテーク

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

アーカイブ | smtコレクション | 3がつ11にちをわすれないためにセンター制作物(DVD)

3がつ11にちをわすれないためにセンター制作物(DVD)

市民、専門家、スタッフが協働し、復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくために開設した「3がつ11にちをわすれないためにセンター」を拠点として集められた映像を見ることができます。

3がつ11にちをわすれないためにセンターウェブサイト

資料名:過去を見直して、今を見つめる

事業年度 2012年度
制作
出演者など
概要 制作者コメント:
あの日、感じたことは何だったのだろうか。時の流れと共に薄れゆく記憶の中に、刻まれた忘れられない想いがある。
思っていてもなかなか伝わらないこと。気づかなければ何も知らないこと。これまで自分の目で見ることのなかった被災地・石巻に初めて赴く。
石巻の現状を知り、向き合うことで見えてくる現実とは。大川小学校区に実家を持つ友人の故郷を追いかける中で移りゆく心情と胸に秘めた想いを探る。
制作:
杉本健二
撮影年月日・撮影地:
2012年9月5日(宮城県仙台市泉区、石巻市釜谷山根 大川小学校・福地、女川町、石巻市日和が丘 日和山)
収録:
74分
制作年:
2013年

【視聴者のこえ】

・この度の大震災のあまりにも大きかったことを改めて思い起こさせられる映像で、一つ一つのがれきの重大さに自然に涙があふれてとまりませんでした。私は直接大きな被害には不幸中の幸いにも遭いませんでしたが、被災された方々をおもう時、絶対にこの様な災害のないように心から祈ります。お蔭様で生かされた命を大切にこれからの人生を生きようと心から思います。(2013年3月上映会)

・これまでにない大きな大震災だったので映像で見ても大変な思いでした。同じ市内でも災害にあわなかった私達でしたが、地震あるたびにびくびくして暮らしています。これからも忘れられないように語りついでいってほしい、また、一日一日を大切にしていきたいと思います。(2013年3月上映会)

・断片的にしか見ていなかった大川小学校。地形等、よくわかりました。そして市教委の対応、関心を持ち続け応援していきます。(2013年3月上映会)

・私自身「復興」って何だろうと考えています。直後には思わなかったことです。立場や状態によって思うことや求めることが違う。みんな思いは一つ「復興」させたい(したい)ということなのに、ぶつかり合ったり否定したり・・・ 認め合い任せ合うことができれば、融合できるのかな。 東京にいる仲間にも見てもらって、いっしょに考えたいと思いました。 ありがとうございます。(2013年3月上映会)


本作品は、せんだいメディアテーク 2階 映像音響ライブラリー/視聴覚教材ライブラリーにて、貸出・視聴サービスをご利用になれます。

DVDの貸出状況のご確認には、仙台市図書館ウェブサイトの資料検索をご利用ください。
ライブラリー公開 smt館内視聴 / smt館外貸出 / 団体利用
資料番号 10000746
関連する事業・イベント 3がつ11にちをわすれないためにセンター
(ID:10120016)