せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | ⻘野⽂昭 ものの, ねむり, 越路⼭, こえ

2019年07月16日更新青野文昭 プロフィール

青野文昭 Aono Fumiaki 

1968 年宮城県仙台市⽣まれ。宮城教育⼤学⼤学院美術教育科修了。モノの持つテクスチャーや形態を⼿がかりに「なおす」をテーマとして、廃棄物や拾得物を⽤いた表現を⾏う。近年の主な個展に、「パランプセスト 記憶の重ね書き vol.7」(2015 年、gallery αM)、「⻘野⽂昭個展」(2016 年、ギャラリーターンアラウンド)。グループ展に、「いま、被災地から −岩⼿・宮城・福島の美術と震災復興−」(2016 年、東京藝術⼤学⼤学美術館)、「RoyalAcademy of Arts Summer Exhibition 2016」(2016 年、ロンドン)、「コンサベーション_ ピース ここからむこうへ part A 青野文昭展」(2017年、武蔵野市立吉祥寺美術館)、コンニチハ技術トシテノ美術(2017年、せんだいメディアテーク)、六本木クロッシング2019 展(2019 年、森美術館)などのほか、あいちトリエンナーレ2013 に出品。宮城県美術館、愛知県美術館、⾦沢21 世紀美術館などにパブリック・コレクションがある。

作家ウェブサイト
http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/

過去作品

(1)@IMG_5209.JPG
「ここにいないものたちのための群像 - 何処から来て何処へ行くのか - サイノカワラ 2016」(2014年ー2016年) 東京藝術大学大学美術館での展示風景

(2)IMG_0758.JPG
「なおす・代用・合体・融合・連置・還流「仙台市荒浜で収拾した欠片/クローゼットほか」 (2012年)

(3)IMG_4154.JPG
「なおす・代用・合体・連置「震災後亘理町で収拾したトーマスのコップの復元」(2016年)

(4)青野時計1398.JPG
「なおす・復元「震災後宮古・鍬ヶ崎さとう衣料店跡地より収拾した記念時計より」(2011年)

(5)aono,f,19.jpg
「なおす・復元・閖上で捨てられた廃船の復元 1998.4.12」(1998年)