せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | 民話 声の図書室

2014年07月30日更新 報告 【レポート】民話ゆうわ座 第二回「サルカニ合戦」

 DSC_8593.JPG

 

■ 日時:2014 年 5 月 3 日(土・祝)13:30−16:30
■ 会場:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
■ 主催:せんだいメディアテーク、民話 声の図書室プロジェクトチーム
(参考: https://www.smt.jp/projects/minwa/2014/05/2.html

 

* * *

  

 

写真1

1.「民話 ゆうわ座」について  小田嶋 利江

「民話 ゆうわ座」は、先祖から語り継がれてきた民話の深い森を、みなさんと歩いてみようとする集いであり、今回は「サルカニ合戦」を取り上げた。

  

2.「サルカニ合戦」を聞く  語り 柴田 民雄

「サルカニ合戦」の語りを聞き、一話の大筋を振り返った。取り上げたのは、山形県小国町の佐藤とよいさん(明治34年生)から聞いた「がにッコの敵討ち」。

写真2

 

3.感想や意見の交換1 

「サルカニ合戦」について、好きか嫌いかとか、ここが面白いとか不思議だとか、いままで抱いてきた印象や、伝承の話を聞いた感想を交換した。サルとカニが表す意味や、サルを殺す結末についても意見が出た。

写真3 写真4

 

4.話題提供 「サルカニ合戦」とその類話から学んだこと  小野 和子

伝承の語り手を長年採訪し、さまざまな「サルカニ合戦」の話を聞いてきた体験と、そこで感じ取ったことを提示していただいた。はじめに佐藤とよいさんのこと、山奥の村で伝えられていた遠い先祖の話が、この場で語られることになった巡り合わせを紹介し、次に赤本や教科書に取り上げられた歴史をふりかえりながら、宮城の伝承の類話四話を読んで、いくつもの異なる形の話がどうして成り立ったのか、そこにどんな意味があるのか、助太刀の者たちは何を意味しているのかなど、採訪のなかから学んだことが示された。

  

5.伝承の語りによる記録映像の上映

4で紹介されたさまざまな「サルカニ合戦」を、宮城の伝承の語り手、伊藤正子さん、佐々木健さんの語りの映像で視聴した。

写真5

 

6.感想や意見の交換2

「サルカニ合戦」について、4の話題提供や5の伝承の語りを手がかりに、さまざまな感想意見が交換された。伝承の民話を語る方から「いろいろな類話があることや話の背景に心を配って語りたい」と、サルを殺すことへの意見もやりとりされ、また「浜の子達と陸の子達が悪口し合った」、まるで「サルカニ合戦」のような実体験も披露された。

 

写真6 2

 

報告:小田嶋利江

 

ロングレポートはこちら
第二回民話ゆうわ座ロングレポート(PDFファイル/465KB)
当日配布資料(PDFファイル/442KB)