せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | まち・ひとスケープ

2020年06月27日更新 報告 「まち・ひとスケープ」#18

【百家争鳴のカジカガエル 仙台市太白区秋保町境野羽山 名取川にて】

530()、カジカガエルの生態撮影に出かけました。

この日は天気予報では晴れ時々曇り。つまりカジカガエル日和のはず。

そういえばカジカガエルは清流の歌姫とも呼ばれますが、実は鳴嚢(めいのう)を震わせて美しい声(繁殖音)を響かせるのは姫(メス)ではありません。歌っているのはメスに求愛するオスです。

今回は半日かけてカジカガエルのいる場所を探し、撮影してきました。自分の縄張りの石の上で"ふぃふぃ・ふぃふぃふぃ~"と鳴くオスや繁殖行動中のオスとメスのつがいを撮影できました。

machi-hito-#18-web-article-kaeru.png

カジカガエル( Buergeria buergeri )は4月から8月にかけて渓流や沢、河川で透き通るような美しい声で鳴きます。オスの求愛の声です。体調35㎝。メスはオスの約1.5倍の大きさです。

名取川水系支流となる仙台市広瀬川のカジカガエル(河鹿蛙)の鳴き声は、「残したい日本の音風景100選」(1996年環境庁)にも選ばれています。

「カジカガエル ドラマチック!  渓流にオスの求愛の歌が響く」

動画後半の2匹は、「上は鳴嚢が確認できるのでオス。下はサイズ的にやや大きい、後ろ脚も太く大きい、お腹が膨れている(卵が詰まっていると思われる)ことから、産卵前のメスです」(自然環境調査などをする会社()エコリスの佐竹一秀さんにカジカガエルの雌雄も確認していただきました)

この姿勢はFrog sex position : axillary position(背後から覆いかぶさり、肩をつかむ腋下の体位)です。

(参考:https://gigazine.net/news/20160615-seventh-frog-position/ ) 

-----------------------

もう一つ、making videoも作りました。

「カジカガエルを探して☆ ~美しい声で鳴くオス どっしり構えるメス 名取川 2020年」

この動画は、「カジカガエル ドラマチック!  渓流にオスの求愛の歌が響く」に載せたカエルの他、何匹かの鳴くオス、どっしり構えるメスをいろいろな角度から撮った撮影作業記録です。丁度、繁殖期の最中でオス、メス、つがいそれぞれの様子を撮影できましたが、裸足で踏み込んだ渓流は冷たい・痛い!

鳴嚢(鳴き袋)を震わせて歌う、少し小さめのオス。

大きなお腹、大きな体のメス。

清流に歌声を響かせるカジカガエルってどういうカエル?という好奇心を満たしてください。

撮影日時:2020年5月30日(土) 15:30~17:00 

場所:宮城県仙台市太白区秋保町境野羽山橋 名取川水系河原

撮影:桐島レンジ 安井妙子 山本玲子

企画・編集:山本玲子

制作 まち・ひとスケープ

---------------

撮影余話:

3月~5月は新型コロナウイルスCOVID19パンデミックのため、なかなか "メンバーと打合せをして動くこと" ができない日々が続きました。宮城県における緊急事態宣言解除されたのは514日。そこで、そろりそろりと3密に気を付けながら活動再開を模索し、ようやく530()にカジカガエルを撮りに行けることに。

午前中、広瀬川沿いの大橋・澱橋や牛越橋などの近辺、秋保名取川、二口渓谷など撮影候補地を検討。午後からカジカガエルの撮影のため、秋保羽山橋下の河原に。ところが、沢山の家族連れや若者が水遊びに来ていて、テントを張ったり焚火をしている人たちも。騒々しい中での観察は難しいため、撮影を一旦は諦め、川沿いに撮影適地を探して行ったり来たり。

結局やはり秋保方面に戻る方がよかろうと、1525秋保自然公園木の家へ。けれど「木の家」下の河原への立ち入りは1530まで。そこで、ふたたび秋保羽山の河原に戻りました。帰途についた人々もいたため、少し静けさを取り戻していた河原。とはいえ、まだカジカガエルをとらえて遊ぶ家族も。家族3世代でカジカガエルを4-5匹捉えて水中に置いた虫籠に入れ、子供たちに触らせるため、出したり入れたり。弱り切った様子のカジカガエル。蓋つきプラスティックボックスに川水を入れて、何匹も持ち帰ろうとする家族も。

という訳で、前回観察が可能だった手前河原では観察できるカジカガエルを見つけることが出来ず、桐島、安井さんは岸辺の人たちとは離れて裸足で渓流へ。対岸近くの日陰では渓流が冷たく、日の当たる中洲の浅瀬も裸足に小石が痛い。とはいえ、安井さんがスマホで、桐島さんが三脚据えて狙ったカエルたちを、しっかり接写出来て参加者全員満足の一日でした。

----------------------------------------

これまでの動画も見てくださいね‼

カジカガエル ~名取川サウンドスケープ 

https://www.youtube.com/watch?v=ssRX6rmZgxM

☆仙台・広瀬川(夏) サウンドスケープ野鳥

https://www.youtube.com/watch?v=DlI8wlnAhyg

カジカガエル・野鳥 ~広瀬川サウンドスケープ 日本の音風景百選

https://www.youtube.com/watch?v=DNVZmVdntyA

カジカ蛙  暗闇に鳴く! 竜ノ口 2017年05月06日

https://www.youtube.com/watch?v=EucNu105zM8

夜の動物園 

https://www.youtube.com/watch?v=F0pLHIUOBBQ

宮城野納豆製造所を訪ねる

https://www.youtube.com/watch?v=L184B62784U

国登録文化財宮城野納豆製造所~地域に開かれた施設を目指して

https://www.youtube.com/watch?v=J-IeexZJo-E