イベント 2023年01月06日更新

青山真治監督特集 in 仙台 2023


ユリイカ メイン大クレジット入2.jpg

2022年321日に57歳の若さで逝去した青山真治監督。『EUREKA ユリイカ』(2001年)でカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞を受賞、同作ノベライズが三島由紀夫賞を受賞、それとあわせて《北九州サーガ》と呼ばれる『Helpless』『サッド ヴァケイション』、同名の芥川賞受賞作を原作とした『共喰い』、最後の劇場公開作『空に住む』まで数々の映画を制作、さらには、音楽、文学、演劇など幅広い分野で優れた才能を発揮した。また、せんだいメディアテークや仙台短篇映画祭との親交など、この地との関わりも深い。現代日本映画の扉を開いた一人である青山監督の作品を、今日貴重となったフィルム上映もふくめ可能な限りスクリーンで見る特集。
さらには、市内の映画館・フォーラム仙台でも合わせて特集上映が開催。

 

 

image_aoyama_2.JPG

青山真治(あおやま・しんじ)


1964年福岡県北九州市生まれ、2022年没。『Helpless』(1996年)で長編映画デビュー。『EUREKA ユリイカ』(2001年)でカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞を受賞。『月の砂漠』(2001年)、『私立探偵濱マイク 名前のない森』(2002年)、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』(2005年)、『サッド ヴァケイション』(2007年)、『東京公園』(2011年)、『共喰い』(2013年)など国内外で高い評価を得つつ、『空に住む』(2020年)が最後の長編となる。また、映画監督にとどまらず、音楽家、小説家、舞台演出家、そして優れた批評家でもあり教育者でもある。
(撮影:池田正之)




【開催概要】


日時・
会場
 

2023年2月25日(土)・26日(日)
せんだいメディアテーク7階スタジオシアター(180席/全席自由)



入場料金


当日券のみ(2日間とも9:30から当日分の入場整理券を配布予定)
A・CDEプログラム     一般:1500円/学生証・障害者手帳等提示:1000
Bプログラム(爆音上映)    一般:2500円/学生証・障害者手帳等提示:1500




主催:せんだいメディアテーク/仙台短篇映画祭実行委員会
協力:フォーラム仙台/boid/WOWOW/読売テレビ/カルチュア・エンタテインメント/ブランディッシュ/カズモ/アテネフランセ文化センター/大橋咲歩/田村尚子





【プログラムA】 2/25(土)10:30-13:00



roji1.jpg路地へ 中上健次の残したフィルム


64分/2001年/35ミリフィルム上映

『岬』『枯木灘』『千年の愉楽』などで知られ、被差別部落出身でその場所を〈路地〉と呼んで作品を書き続けた小説家・中上健次。彼が生前撮影していたフィルムをもとに、映像作家・井土紀州がその地を訪れ、中上の作品を朗読する。撮影は田村正毅、音楽は大友良英と坂本龍一。

©SLOW LEARNER + BRANDISH)

 

REDV-00023トリミング済.jpgあじまぁのウタ 上原知子ー天上の歌声


88分/2002年/35ミリフィルム上映

1977年の結成以来〈沖縄ポップ〉を代表するりんけんバンドのヴォーカル、上原知子の姿をおさめた映画。ライブだけではなく、照屋林賢とのレコーディング風景といった彼女の日常の音楽生活は、その歌声のようにのびやかである。

©2013 ajima inc.)






【プログラムB】 2/25(土)14:00-19:00



d.jpgEUREKA ユリイカ〈爆音上映〉


217分/2001年/DCP上映(オリジナル:35ミリフィルム)/英語字幕(English Subtitles)

九州の田舎町で起きたバスジャック事件から2年後。心に深い傷を負いつつも生き残った3人-------運転手の沢井(役所広司)、直樹(宮崎将)と梢(宮あおい)の兄妹たちは再び出会う。従兄の秋彦(齊藤陽一郎)も加わり、沢井の運転するバスで旅に出るが......。

©J WORKS FILM INITIATIVE(電通+IMAGICA+WOWOW+東京テアトル)

 
〈爆音上映〉とは、音楽ライヴ用の音響装置を使い、ボリュームも限界まで上げ大音響の中で映画を見る/聴く試み。boid主宰の樋口泰人氏が2004年に吉祥寺バウスシアターで始め、近年は全国で爆音映画祭が行われている。大音響で視覚体験が変わるだけでなく、大音響でなければ聞こえてこなかった、映画に刻まれたかすかな音に耳を澄ます、大胆かつ繊細な上映方式。



<ゲスト>

樋口泰人.jpg樋口泰人(ひぐち・やすひと)

映画評論家、配給・出版・音楽レーベル〈boid〉主宰。1957年生まれ。爆音映画祭などさまざまな上映企画を手がけるほか、青山監督との親交も深く『宝ヶ池の沈まぬ亀』(2022年)、同Ⅱを出版。『青山真治クロニクルズ』(2022年)責任編集者。





月永理絵.jpeg

月永理絵(つきなが・りえ)

編集者、映画ライター。1982年生まれ。書籍や映画パンフレットの編集のほか、朝日新聞や週刊文春などで映画評を執筆、また、雑誌『映画横丁』編集人。『青山真治クロニクルズ』の編集を務めている。







【プログラムC】 2/26(日)10:30-13:00


sabaku_02.jpgsabaku_05編集済.jpg

月の沙漠


131分/2001年/35ミリフィルム上映

ITベンチャーの経営者として時代の寵児となった永井(三上博史)。しかしその実、会社は倒産の危機、妻(とよた真帆)や子には逃げられる。ITバブル後の社会を予言したかのようでもあり、仲間や家族、人の孤独といった普遍の問いをめぐる、鋭くもあたたかい眼差し。

(©2001/2003「月の砂漠」製作委員会)





【プログラムD】 2/26(日)14:00-17:00

Lou_赤ずきん2008NTP.jpeg赤ずきん(Le Petit Chaperon Rouge)


35分/2008年/35ミリフィルム上映/フランス語音声・日本語字幕

デルフィーヌ(ジュディット・セムラ)は銃を手に〈あるもの〉を探しにでかけるが、そこに待ち受けていた老人(ルー・カステル)に捕まってしまう。パリ郊外のジュヌヴィリエで撮影され、未ソフト化・未配信ながら、映画評論家・蓮實重彦氏が〈知られざる傑作短編〉と謳った一作。




©Naoko Tamura




namaeno_web.jpg私立探偵濱マイク 名前のない森[映画版]

71分/2002年/35ミリフィルム上映

探偵のマイク(永瀬正敏)は、自己啓発セミナーにのめりこんだ娘(大塚寧々)を連れ戻してほしいという依頼を受け、山荘へ向かう。林海象監督による同名映画から派生したテレビドラマの一作だが、今回上映するのはベルリン国際映画祭に出品された長尺版。





<ゲスト>

樋口徹(要トリミング).JPG

堀口徹(ほりぐち・とおる)

近畿大学建築学部准教授(博士[工学])。1972年生まれ。東北大学大学院工学研究科を修了し、建築デザインにまつわる研究・教育に携わりつつ、〈建築映画探偵〉として建築と映画を横断する活動を展開している。








【プログラムE】 2/26(日)18:00-20:30


fugaku1_still.jpgfugaku2軽.jpgfugak3.jpg

FUGAKU1:犬小屋のゾンビ
FUGAKU2:かもめThe Shots
FuGAK3:さらば愛しのeien


31分+41分+46分/20132015年/BD上映(オリジナル:デジタル)

多摩美術大学在任中に学生らとともに制作した連作短編。山奥の湖畔で映写技師と不可思議な教授(青山氏)が映画/生ける屍を問う第1作、舞台制作を下敷きに、とよた真帆らの演技が光る第2作、そして、キャンパス内での銃撃戦と教師/作家/人としての青山氏が垣間見える第3作。



<ゲスト>

甫木元空 プロフィールトリミング済.jpg甫木元空(ほきもと・そら)

映画監督、音楽家。1992年生まれ。多摩美術大学卒業後、2016年に『はるねこ』(監督/脚本/音楽、プロデュースは青山真治と仙頭武則)で長編映画デビュー。2019年にはバンド〈Bialystocks〉を結成。新作『はだかのゆめ』が公開中。

 

 







【そのほか】


託児サービスのお申し込み方法


託児サービス(生後6カ月から未就学児まで/無料)があります。
ご希望の方は、下記の事項をご記入の上、216日(木)までにEメール又はファクスでお申し込みください。
なお、申込多数の場合は抽選となります。
1)希望プログラム/(2)申込者氏名/(3)住所/(4)携帯電話番号/(5)メールアドレス/(6)お子様の氏名・年齢(月齢まで)



注意事項


新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいます。
・体調のすぐれない方はご来館をお控えください
・マスク着用、手指の消毒、咳エチケット、距離を取ることなどのご協力をお願いします
やむを得ず内容の変更・中止となる場合があります(最新情報はウェブサイトをご覧ください)。



お問い合わせ


せんだいメディアテーク(公益財団法人仙台市市民文化事業団)
電話:022-713-4483/ファクス:022-713-4482/e-mail:office@smt.city.sendai.jp