せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | どこコレ?-おしえてください昭和のセンダイ

2015年06月27日更新報告第3回どこコレ? −−おしえてください昭和のセンダイ レポート

【開催概要】
日時:2015 年 6 月 27 日(土)15:00-17:00
会場:せんだいメディアテーク 7f スタジオa
(参考: https://www.smt.jp/projects/doko/2015/06/-2-32.html


* * *





収集した写真に写っている「コレ」は「どこ」なのかを来場者のみなさんにおたずねし、写真の情報を確定させていくプロジェクト「どこコレ?」の第4回目となる展示が、2015年4月29日〜6月28日の約2カ月間、開催されました。

会期最終日の前日6月27日、第3回目となる「考えるテーブル どこコレ?」が行われ、2カ月間に渡る会期中、場所が新たに確定した写真や、過去の「どこコレ?」で確定に至らなかった事例などを併せて紹介しました。

会場には「どこコレ?」に関心を持ってくださる方々に多くご参加いただき、遠く宮崎や東京の方からも足を運んで下さいました。また、美味しい珈琲を片手に、和やかな雰囲気の中スタートしました。

写真1

写真2


今回の「どこコレ?」で最も多くのコメントが寄せられた写真がこちら。
写真3

ヒントは「青果安藤商店直売所」や「トキワ電機興業」の看板、そして「名掛丁連合大売出」の横断幕。この写真を見た方々からは「名掛丁という町名から、X橋付近ではないか?」と書き込まれましたが、仙台駅東口も名掛丁と呼ばれることから、場所を特定するのが難しかった写真です。

その後「安藤果物の頭文字を取ってAKビル(現在の駅前)になった」という新たな情報が寄せられ、これをヒントに調べてくれた方がこの日来場、その経緯をお話ししてくださいました。

写真4

ご自身の思い出に加え、ご近所の方たちにもお声がけいただき、「安藤果物は戦後いたがき(現在の東口)が譲り受け、果物屋をはじめた。東口再開発の前、二十人町と鉄砲町を結ぶおたふく横丁から見た、いたがきの場所である」とこれまでの経緯を解説していただきました。

この情報により、会場にいらしたみなさんとともに、この場での「確定」となりました。

次に、前回の「どこコレ?」で未確定のままの写真をご紹介し、来場者の皆さんと撮影された場所がどこなのかを推理してみる「公開どこコレ?」を行いました。

会場にいらしたみなさんから多くの意見をいただきながらも、今回も確定には至らず、残念ながら次回に持ち越しとなりました。

写真5

写真6

最後に、今後に向けた「どこコレ?」の進め方を話しました。

【1】ご家庭で眠っているままの写真・8ミリを継続して募集していくこと

【2】有力な確定情報を寄せてくれた方に「どこコレ?認定証」を発行すること

【3】昭和の日である4月29日、全国一斉「どこコレ?の日」開催を呼びかけること

【4】「市電」など特定のテーマにしぼった展示をしてみては

などのアイディアが出されました。


写真7


「どこコレ?」は、せんだいメディアテークを会場に1年に1回のペースで今後も継続して開催していく予定です。またぜひ会場にお越しいただき、みなさんの懐かしい思い出を私たちにお聞かせください。

なお、NPO法人20世紀アーカイブ仙台では引き続き古い写真や8ミリ映像を募集しています。





*この記事はウェブサイト「考えるテーブル」からの転載です(http://table.smt.jp/?p=12368#report