せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | 民話 声の図書室

2016年04月10日更新 報告 【レポート】民話ゆうわ座 第三回「笠地蔵」

1_3F6A1779(要クレジット)


■ 日時:2015年12月27日(日)13:30−16:30
■ 会場:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
■ 主催:せんだいメディアテーク、民話 声の図書室プロジェクト
(参考: https://www.smt.jp/projects/minwa/2015/12/3.html

* * *

 

1.「民話 ゆうわ座」について 小田嶋 利江

「民話 ゆうわ座」は、先祖から語り継がれてきた民話の深い森を、みなさんと歩いてみようとする集いであり、今回は「笠地蔵」を参加者とともに考えた。



2.なぜ『笠地蔵』か? どんなお話だったのか?  読み語り 加藤恵子

「笠地蔵」を取り上げた経緯にふれ、教科書や絵本でよく知られた岩崎京子再話「かさこじぞう」を聞き、話のあらすじをたしかめた。



3.みなさんと感想や意見の交換1

「笠地蔵」のあらすじをふまえて、いままで抱いてきた印象や感想を自由に述べ合った。大人になってもの悲しさを感じたとか、お地蔵さんはだれの身代わりか、など意見が出た。

2_2_DSC_2253 3_DSC_2277


 

4.「再話」を考える      小田嶋 利江/読み語り 加藤 恵子

民話は声をなかだちとして受け継がれてきたが、出会った話をわが身をくぐらせてわが身の言葉で再び話すことを「再話」とし、「笠地蔵」の別の再話として、瀬田貞二「かさじぞう」を聞き、二つの再話を比べてみた。

4_1_DSC_2243(要クレジット)


 

5.伝承の語り手が語る「笠地蔵」の映像を見る   語り手紹介 小野 和子

宮城の伝承の語り手、永浦誠喜翁との出会いと、その人となり、20年を隔てて前後二回にわたり273話の話すべてを聞き取ったことを話し、翁の「笠の観音さま」の映像を見た。

5_3F6A1594(要クレジット)


 

6.採訪者の目でとらえた「笠地蔵」の周辺―老夫婦・地蔵など―
                           話題提供 小野 和子

採訪の体験から、日本民話に登場する「子の無い老夫婦」のムラの中での意味、そうした爺婆にこそ福がもたらされること、地蔵に寄せる思い、生死がせめぎあう大歳、となりの爺婆の意味などについて、類話を紹介しながら一つの理解が示された。

6_3F6A1698(要クレジット)
 

 

7.みなさんと感想や意見の交換2

「笠地蔵」について、伝承の語りや話題提供を手がかりに、さまざまな感想意見が交換された。地蔵は死者たちや子どもたちの分身であること、今までの体験と響きあうことなど、活発に意見が述べられた。

黒板

 

報告:小田嶋利江(みやぎ民話の会「民話 声の図書室」プロジェクトチーム)
撮影:長崎由幹

ロングレポートはこちら
第三回民話ゆうわ座ロングレポート(PDFファイル/448KB)
当日配付資料(PDFファイル/234KB)