イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | フィクションの境目

2014年度 フィクションの境目

開催日程:12月19日(金)、20日(土)、21日(日)
会場:7階スタジオシアター
料金:各回500円(12月19日は1000円でトークイベントを含む、12月21日の『夏時間の庭』は無料上映)

「記録と想起・イメージの家を歩く」の関連企画として、わすれン!に参加した映画監督や映像作家による作品を上映します。わすれン!に見られるような記録映像(=ドキュメンタリー)は、記録であるがゆえにノンフィクションだと言えるかもしれません。しかし、実際に映像を制作する人たちのなかには劇映画やドラマなどのフィクションとの差はあまりなく、地続きであると考える人もいるようです。この上映会では、わすれン!の参加者であり、映画監督の濱口竜介が、フィクションとノンフィクションの境目をテーマに選定した映画作品をあわせて上映し、記録と創作の関係性を取り上げます。

基本情報

主催: せんだいメディアテーク
(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
助成: 一般財団法人 地域創造

閉じる

対話の可能性 フィクションの境目

開催期間 2014年12月19日(金)-21日(日) 19日19:00- 20日、21日10:00-
会場 7f スタジオシアター
主催共催 せんだいメディアテーク
後援協力 助成:一般財団法人 地域創造

各回500円(12月19日は1000円でトークイベントを含む、12月21日の『夏時間の庭』は無料上映)
プログラム
12月19日(金)
19:00- 『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』(監督:藤井光/2013年/74分)
上映後「かたログvol.23」(濱口竜介、酒井耕、藤井光による鼎談イベント)

12月20日(土)
10:00〜12:22 『なみのおと』(142分 監督:酒井耕、濱口竜介 2011年)
14:00〜15:56 『飯舘村 わたしの記録』(68分 撮影/監督:長谷川健一、編集/構成:細谷修平 2013年)
     『村に住む人びと』(48分 監督:岩崎孝正 2014年)
17:00〜18:13 『夜の女たち』(73分 監督:溝口健二 1948年)
19:00〜21:05 『ポンヌフの恋人』(125分 監督:レオス・カラックス 1991年)

12月21日(日)
10:00〜11:49 『なみのこえ 気仙沼』(109分 監督:酒井耕、濱口竜介 2013年)
13:00〜14:43 『なみのこえ 新地町』(103分 監督:酒井耕、濱口竜介 2013年)
16:00〜17:42 『夏時間の庭』(102分 監督オリヴィエ・アサイヤス 2000年) *無料上映