せんだいメディアテーク

ページの本文へ移動する

ページインデックス

イベントカレンダー

館内の催し物の予定を見ることができます

プロジェクトリスト

今年度メディアテークでおこなわれている取り組みの一覧です

アーカイブ

さまざまな人々とメディアテークの協働による創造・発信の成果や記録を公開しています

プロジェクトリスト | てつがくカフェ

2013年11月10日更新 イベント 第26回 「愛について」

■ 日時:2013 年 11 月 10 日(日)15:00−17:00
■ 会場:せんだいメディアテーク 6f ギャラリー4200
■ ファシリテーター:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
■ 参加無料、申込不要、直接会場へ
■ 問合せ:tanishi@hss.tbgu.ac.jp (西村)
■ 主催:せんだいメディアテーク、てつがくカフェ@せんだい
■ 助成:財団法人 地域創造

----------------------------------------

愛について......
第26回「考えるテーブル てつがくカフェ」のテーマは、「愛」です。
今回の「てつがくカフェ」では、あえて、それを問題にする切り口やキーワードを事前に準備しません。その場にあつまった参加者の方々の顔ぶれで、同じテーマであってもその問いかけの切り口が激しく異なっていく、「てつがくカフェ」が本来備えている〈ライブ感〉を楽しんでいただけたらと思います。「てつがくカフェ」としても、今回のカフェは新しい挑戦です。
震災を経験した〈今〉、そして被災地という〈この場所〉で、わたしたちは「愛」という手垢のついたことばをどのような観点から問い直すのでしょうか、興味津々です。ぜひご参加ください。

今回の企画は、「対話の可能性」第三部「LOVERS 永遠の恋人たち」との連携企画です。

----------------------------------------

LOVERS 永遠の恋人たち
DO NOT CROSS THE LINE OR JUMP OVER

情報化による全自動的な資本主義社会のなかで、制度により規制された私たち現代人の身体と愛の在り方を静謐に表した映像作品です。作者の古橋悌二は、京都を拠点として1984年に結成されたアーティスト集団「ダムタイプ」の中心メンバーとして活躍し、1995年にHIV感染のため他界しました。
《LOVERS》は1994年に発表された後、幾度かの改訂を経ていますが、本作は、2001年の当館開館記念展に際してダムタイプの高谷史郎氏が再現制作したもので、当館の寄託作品となっています。現在、ニューヨーク近代美術館(MOMA)に収蔵されているもの以外では唯一展示可能な状態として残る作品です。なお、仙台で12年ぶりの公開となる今回は、2001年の際には省略された部分も再現し、オリジナルに近い仕様で公開します。

日程:2013 年 11 月 7 日(木)− 1 月 12 日(土)*11月28日は休館
時間:10:00〜19:00(12月中は20:00まで)
会場:6階ギャラリー4200
料金:一般・大学生100円、高校生以下無料(豊齢手帳、障がい者手帳をお持ちの方は半額)

----------------------------------------

てつがくカフェとは
てつがくカフェは、わたしたちが通常当たり前だと思っている事柄からいったん身を引き離し、そもそもそれって何なのかといった問いを投げかけ、ゆっくりお茶を飲みながら、「哲学的な対話」をとおして自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験していただこうとするものです。

てつがくカフェ@せんだい http://tetsugaku.masa-mune.jp





*この記事はウェブサイト「考えるテーブル」からの転載です(http://table.smt.jp/?p=5074
*イベントのレポートはこちら https://www.smt.jp/projects/cafephilo/2013/11/26.html